印刷版   

日立、今後数年は中国での売上高が2ケタペースで拡大=古川社長

 日立製作所(6501.T: 株価, ニュース , レポート)の古川一夫社長は5日、香港でロイターとのインタビューに応じ、今後数年は中国市場での売り上げが2ケタペースで拡大するとの見通しを示した。通信機器や薄型テレビ、エスカレーター、発電所などの需要がけん引するという。

 古川社長は「中国では2003年ぐらいから前年比20%以上の伸びをみせている。今後も2008年に北京オリンピックや2010年に上海万博があり、引き続きこの基調での伸びが見込める」と語った。

 日立によると、同社の中国における売上高は2003年度は通期で3545億円。全社売上高の4.3%だった。以来、年20%以上のペースで拡大。今年度は上期だけで4223億円となり、全社売上高の8.9%を占めるまでになった。

 古川社長は、4日から開催されている情報通信関連の国際展示会「テレコムワールド2006」に出席するため香港を訪れていた。

[香港 5日 ロイター]

 (06/12/06 08:45)  





■関連文章
  • アサヒビール、中国で生産拡大(06/05/15)
  • 米専門家:中国市場への投資に慎重さが必要(05/09/02)
  • フォルクスワーゲングループ、中国で大幅な損失(05/05/08)