印刷版   

ベラルーシ、同国を経由した西欧へのガス供給停止の可能性をロシアに警告

 ベラルーシのセマシュコ副首相は26日遅く、ロシアの天然ガス独占企業ガスプロム(GAZP.MM: 株価, 企業情報 , レポート)が、ベラルーシに対する2007年のガス価格大幅引き上げ要求に関して折れない限り、同国のパイプラインを経由した西欧へのガスの供給をストップする可能性があると警告した。交渉決裂に終わったモスクワ訪問からの帰途、当地の空港で述べた。

 同副首相は「われわれは相互に依存している。もし私が国内へのガス供給契約を結べなければ、ガスプロムも輸送に関する合意は得られない。ガスプロムはミンスクに来るべきだと思う。今度は彼らの番だ」と述べた。

 ただ同副首相は、ベラルーシが国内すべてのガス輸送パイプラインをストップする用意があるのかどうかは明らかにしなかった。

 [ミンスク 27日 ロイター]

 (06/12/28 17:08)  





■関連文章
  • 韓国ガスと中国海洋石油、LNG調達で提携(06/11/29)
  • ロスネフチと中国石油天然ガスが合弁、ロシアで原油生産(06/11/12)
  • 露ガスプロム、グルジア向け天然ガス供給価格を引き上げへ=グルジア企業(06/10/06)
  • 蘭ガスニー、バルト海パイプライン建設事業参加へ(06/10/05)
  • ロシア当局、サハリン2の包括的環境調査を指示(06/09/26)
  • 中共:ロシアのエネルギー、市場獲得作戦(06/06/27)
  • 第5回東シナ海ガス田協議、見解の相違、協議に至らず(06/05/20)
  • 専門家:東シナ海ガス田開発、難航する問題を分析(06/05/19)
  • ボリビア、石油・天然ガス産業を国有化(06/05/03)
  • 中国陜西省:炭鉱大型爆発事故、死者27人(06/05/02)
  • 欧州連合(EU)、ベラルーシ大統領らの入国禁止を決定(06/04/12)
  • 中共の海外エネルギー戦略、第三諸国・対米路線に展開(06/01/28)
  • 中国:経済利益を優先、イラン核開発問題を回避(06/01/24)
  • 露・ウクライナ両首脳会談、天然ガス紛争後初めて(06/01/12)
  • ボリビア次期大統領モラレス氏、中共当局とエネルギー協議(06/01/10)