印刷版   

12月18日、北朝鮮の核問題に関する6カ国協議は、北朝鮮が核兵器放棄をめぐり多くの要求を提示して始まった。写真は平壌の空港関係者(2006年 ロイター/Lee Jae-Won)

6カ国協議再開、北朝鮮は核兵器放棄めぐり多くの要求提示

 北朝鮮の核問題に関する6カ国協議は、北朝鮮が核兵器放棄をめぐり多くの要求を提示して始まった。これに対し米国は、忍耐が限界に近づいていると警告した。

 北朝鮮首席代表の金桂冠外務次官は会合の基調演説で、核実験に対する国連の制裁と米金融政策の解除を要求。さらに、核計画の放棄の条件として、民間のエネルギー需要を満たすための軽水炉提供や完成までの代替エネルギーの提供を求めた。

 これに対して米首席代表のヒル国務次官補は、米政府の「忍耐は限界に達した」と警告。さらに北朝鮮は岐路にたたされており、譲歩が必要だとして「われわれには問題から逃れる選択肢はない。何らかの結果が必要だ」と述べた。

 予定されていた米朝の個別会談は開催されなかった。

 米国は、北朝鮮が2005年9月に原則合意した共同声明の実施に向け、具体的措置をとることを要求している。同声明では、北朝鮮への支援と安全の保証と引き換えに核兵器を放棄するが明記されている。

 これに対して北朝鮮の金外務次官は、米国と国連の制裁が解除されなければ声明の履行は検討しない、と主張した。

[北京 18日 ロイター]

 (06/12/19 07:49)  





■関連文章
  • 北朝鮮めぐる6カ国協議、18日から北京で再開(06/12/18)
  • 北京は、平壌を本気に叩くのか(06/12/18)
  • 中国が人民元上昇容認しなければ経済を制御できなくなる恐れ=FRB議長(06/12/16)
  • 北朝鮮、来週核実験実施の可能性も─韓国国防相=聯合ニュース(06/12/15)
  • 北朝鮮、核放棄に向けた具体策の協議に応じる兆候=米国務次官補(06/12/14)
  • 6カ国協議、合意成立に期限設けず=米国務長官(06/12/13)
  • ヒル米国務次官補、6カ国協議前に各国と協議も=国務省(06/12/12)
  • 6カ国協議、12月16─18日に再開=米国務省(06/12/11)
  • 麻生外相、中国首脳陣の訪日要請、来春実現か(06/12/10)
  • 6カ国協議、約10日以内に再開の可能性=米国務省高官(06/12/09)
  • 北朝鮮、米国が韓国に核兵器を配備と確信=イタルタス通信(06/12/08)
  • 6カ国協議の年内再開ない─北朝鮮外交筋=通信社(06/12/06)
  • 六カ国協議:北朝鮮、ロシアにウラン採掘権の計画(06/12/06)
  • 金正日総書記、韓国に外国との軍事協力中止を要求(06/12/05)
  • 北朝鮮核問題めぐる6カ国協議の再開、来年1月の可能性=韓国外交通商相(06/12/02)