印刷版   

全米製造業者協会、訪中控えた財務長官らに対中圧力強化を要求

 全米製造業者協会(NAM)のジョン・エングラー理事長は4日、ポールソン財務長官らブッシュ政権幹部に対し、中国の市場開放と為替改革の問題で中国政府への圧力を強めるよう要求した。

 エングラー理事長は、NAMの中国問題作業部会が、ポールソン長官、グティエレス商務長官、シュワブ米通商代表部(USTR)代表らと協議した後、声明を発表し「当部会は、これらの問題について近いうちに中国の進展を確認する必要があるとの明確なメッセージを伝えた」と述べた。

 ポールソン長官ら3人は来週後半、米中間の経済関係に関する初回協議を行うため北京を訪問するが、ブッシュ政権としてはその際に中国政府に市場開放と為替改革の迅速化を促したい意向。
 
[ワシントン 4日 ロイター]

 (06/12/05 09:21)  





■関連文章
  • 中国の為替問題、長期的に取り組む=ポールソン米財務長官(06/11/21)
  • ポールソン米財務長官がアジアで国際デビュー、米中関係活性化めざす(06/09/06)
  • メルケル独首相:中共に、勇気をもって批判の声を(06/05/24)
  • ドイツ首相、中国民主活動家らと面会(06/05/24)
  • ドイツのメルケル首相、22日に訪中(06/05/21)