印刷版   

1月5日、北朝鮮の核実験準備報道を嫌気し、ソウル株式市場が一時9週間ぶりの安値に。写真は昨年12月、平壌市内のバス(2007年 ロイター/Lee Jae-Won)

ソウル株式が9週間ぶりの安値、北朝鮮の核実験準備報道で

 5日のソウル株式市場が一時9週間ぶりの安値をつけた。

 北朝鮮が核実験再実施の準備を整えたとの一部報道を受けて幅広い銘柄に売りが出ているほか、現代自動車(005380.KS: 株価, 企業情報 , レポート)がストへの懸念から値下がりしている。

 ある市場関係者は「核実験のうわさが圧迫要因だ。もし本当に実施されれば、大きな悪材料になる」と述べた。 

 総合株価指数(KOSPI)は一時、昨年11月6日以来の安値まで下落、その後も前営業日比1.30%安の1379.11で推移している。

[ソウル 5日 ロイター]

 (07/01/05 13:30)  





■関連文章
  • 北朝鮮の核実験準備報道、内容の判断は控える=官房長官(07/01/05)
  • 北朝鮮、再核実験の兆候ない=米情報当局者(07/01/05)
  • 北朝鮮の白南淳・外相が死去=KCNA(07/01/03)
  • 北朝鮮の新年社説、核抑止力の強化を表明(07/01/02)
  • 安倍新政権、韓国との対話を開始(07/01/01)
  • 北朝鮮、国際社会の要求に応えないと自国の問題解決できず=首相(06/12/23)
  • 6カ国協議、核問題で進展みられず=ヒル米国務次官補(06/12/22)
  • 北朝鮮難民救援基金ら、「映像とシンポジウムで語る北朝鮮」(06/12/21)
  • 6カ国協議、北朝鮮は2日目も妥協の気配なし=代表団(06/12/20)
  • 6カ国協議再開、北朝鮮は核兵器放棄めぐり多くの要求提示(06/12/19)
  • 北朝鮮めぐる6カ国協議、18日から北京で再開(06/12/18)
  • 北京は、平壌を本気に叩くのか(06/12/18)
  • 北朝鮮、来週核実験実施の可能性も─韓国国防相=聯合ニュース(06/12/15)
  • 北朝鮮、核放棄に向けた具体策の協議に応じる兆候=米国務次官補(06/12/14)
  • 6カ国協議、合意成立に期限設けず=米国務長官(06/12/13)