印刷版   


イラン、IAEA査察官38人の受け入れを拒否

 イラン当局者は22日、国際原子力機関(IAEA)の査察官38人の受け入れを拒否したことを明らかにした。同国の核問題をめぐり先月採択された国連安全保障理事会の制裁決議について、国内の強硬派からは対抗措置を講じるべきだとの声が出ている。IAEAは受け入れ拒否の通知を確認したが、これが査察の障害となることはないとしている。

 イラン学生通信(ISNA)は、この措置について、制裁決議採択後のIAEAに対する協力制限の「第一段階」で、国会の要請を受けたものと伝えている。

 [テヘラン 22日 ロイター]

 (07/01/23 15:24)  





■関連文章
  • 北朝鮮、エネルギー援助見返りに核凍結と査察受入れ提案=韓国紙(07/01/22)
  • ベルリンでの米朝協議、一定の合意=北朝鮮外務省(07/01/20)
  • ロシア、米国に対北朝鮮金融制裁の解除を要請(07/01/18)
  • ロシア、イランに地対空ミサイルシステムを供給=国防相(07/01/17)
  • 北朝鮮に核問題解決への具体的行動求める=日中韓共同声明(07/01/15)
  • 米軍がイラク北部にあるイラン政府事務所を強制捜査、多数を拘束=テレビ(07/01/12)
  • イランと北朝鮮の金融面でのつながり、ミサイル技術拡散の恐れ=米財務省(07/01/10)
  • イスラエル軍、イランの核施設に対する爆撃を計画=英紙(07/01/09)
  • 安保理決議は無効、核開発は継続する=イラン大統領(07/01/03)
  • イラン通信:イランと中国、天然ガス田共同開発を発表(06/12/28)
  • 6カ国協議、核問題で進展みられず=ヒル米国務次官補(06/12/22)
  • 米軍、湾岸地域に2隻目の空母派遣も(06/12/22)
  • 米国、イランけん制で湾岸での海軍増強を計画=CBS(06/12/20)
  • イラン、イラクにシーア派「国内国家」形成―サウジ報告=米紙(06/12/19)
  • 6カ国協議再開、北朝鮮は核兵器放棄めぐり多くの要求提示(06/12/19)