印刷版   

北京、オリンピックに向け公衆トイレの改善と確保に懸命

 北京市当局が、2008年のオリンピックを控え、今年中に北京近郊にある1000カ所の公衆トイレを改装する計画であることがわかった。国営メディアが16日に伝えた。

 新華社によると、当局は、悪臭を放つと指摘されていた路地裏にあるトイレの消毒や消臭にも努めるという。

 新華社は、市当局責任者の話として「全てのトイレは清潔で節水が考慮され、効率的な換気装置が据付けられたものになる」と伝えている。

 また、新華社によると、昨年末までに市内にある5580カ所以上の公衆トイレは「近代的な水準」に達したものの、どこからでも歩いて5分以内に公衆トイレを確保するとの同市の目標はまだ達成できていないという。

 この問題を解決するため、北京市行政当局は、より多くのトイレを設置するとともに「約3000の商業ビルにトイレの一般開放を要請する」としている。

[北京 16日 ロイター]

 (07/01/17 09:07)  





■関連文章
  • 北京郊外で再び豚コレラ大発生、メディアは報道禁止(07/01/16)
  • 中共政権、「東トルキスタン」独立派18人射殺  (07/01/11)
  • 北京:インフルエンザ大流行、日平均5千人超(07/01/11)
  • 年末年始、北京公安が天安門地区で厳戒態勢(07/01/01)
  • 中国国務院メディア責任者:外国メディアの中国報道、ネガティブ内容多すぎる(06/12/31)
  • 北京市東風郷:村民700人集団直訴、徒歩で市街地に進行(06/12/30)
  • 研究報告:北京不動産のバブル化、投資価値の喪失(06/12/27)
  • 北朝鮮難民救援基金ら、「映像とシンポジウムで語る北朝鮮」(06/12/21)
  • 北京:直訴者自殺抗議、人民大会堂は厳戒態勢(06/12/18)
  • 北京は、平壌を本気に叩くのか(06/12/18)
  • 北京五輪:中国外務省報道局、外国記者取材規制緩和発表=期間限定(06/12/06)
  • 2008年五輪で開発進む北京旧市街、生活困窮の地元住民(06/12/05)
  • アジア大会でキムチ没収、韓国選手団の成績に影響も(06/11/28)
  • 北京の地下鉄、2020年までに総延長距離世界一へ=新聞(06/11/21)
  • 北京五輪での食の安全、毒見役はネズミ(06/11/18)