■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2007/01/html/d63262.html



1月30日、安倍首相は6カ国協議が来月8日に再開される見通しになったことについて「北朝鮮が核放棄に向け具体的な行動をとるよう結果を出したい」との考えを示した。26日撮影(2007年 ロイター/Toru Hanai)

6カ国協議、北朝鮮の核放棄に向け結果出したい=首相

 安倍晋三首相は、6カ国協議が2月8日に再開される見通しになったことについて聞かれ「北朝鮮が核放棄に向け、具体的な行動をとるよう6カ国協議を有効に活用し、結果を出したい」との考えを示した。また「結果が出なくて一番困るのは北朝鮮だ。(そうなれば)国際社会による北朝鮮への圧力はさらに強まることになる」と語った。

 29日夕、官邸内で記者団の質問に答えた。

 中国外務省は30日、北朝鮮問題をめぐる6カ国協議について、2月8日に北京で再開されるとの見通しを示した。前回協議は合意を得られないまま昨年12月に終了していたが、米国のヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)と北朝鮮の金桂冠外務次官が今月ベルリンで会談したのをきっかけに、交渉再開への見通しが強まっていた。

[東京 30日 ロイター]