印刷版   

中国人男性、叩かれ役の愛人代行をネットで募集

 中国のビジネスマンが、愛人の代役を募集する求人情報をインターネット上に掲載した。愛人の存在が発覚して妻が怒っているため、妻の怒りを静めるために叩かれることが条件だという。26日付の北京青年報が伝えた。

 それによると、求人情報には「夫に愛人がいることを発見した女性が、その愛人を叩くこと強く主張」と書かれている。

 同紙は、これまでの申し込み件数が10件以上だとした上で、中国北東部出身の35歳が適任者で、採用された場合には10分当たり3000元(約4万8000円)が支払われると報じている。

 [北京 26日 ロイター]

 (07/02/27 13:15)  





■関連文章
  • 東京:人権蹂躙大国・中国に抗議、北京五輪ボイコット=地方議員と市民の会(07/02/24)
  • 北朝鮮難民救援基金「救援グループJYO」、咸鏡北道で支援活動(07/02/24)
  • 中国の動物園、トラが6歳の少女をかみ殺す(07/02/23)
  • 中国東北部の難題:脱北女性と中国人男性との間にできた子供はどうなるのか?(07/02/23)
  • 中国華北地域:濃霧で交通麻痺(07/02/22)
  • 法輪功迫害:調査連盟声明文発表、臓器狩りと北京五輪中止求める(07/02/21)
  • 高まる中国語学習熱、英新聞社が中国語コンテンツ無料進呈サービス(07/02/21)
  • 北京の旧正月行事、男性がステンレス蓋をかみちぎり(07/02/20)
  • 北京:旧暦・大晦日の深夜、爆竹の爆発事故で負傷者100人余(07/02/19)
  • インドや中国など新興諸国、世界経済拡大に責務=米財務次官(07/02/17)
  • 中国河北省:生活苦の農民ら、「立て抗」に忍び込み生き埋め(07/02/15)
  • 旧正月規制ラッシュ:中国北京・上海・武漢各地駅、帰省の人波(07/02/15)
  • 中国:笑止千万「チングリッシュ」、五輪前に修正可能?(07/02/13)
  • 北京6カ国協議:直訴者らが会場外で抗議(07/02/11)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(3・最終回)(07/02/11)