印刷版   


米連邦最高裁、たばこ訴訟で懲罰的損害賠償を認めず

 1997年に夫が肺がんで死亡したのは喫煙が原因だとして、オレゴン州在住の未亡人がたばこメーカーの米フィリップモリスを相手取り、7950万ドルの懲罰的損害賠償支払いを求めていた訴訟で、連邦最高裁は20日、同損害賠償金支払いを認めた州裁判所の判決を破棄した。

 連邦最高裁は、下級審判決が原告以外の他の喫煙家への被害も考慮しているのは違憲だとして、5対4の僅差で破棄を決めた。

 フィリップモリスはアルトリア・グループ(MO.N: 株価, 企業情報 , レポート)の子会社。

 今回の訴訟は、懲罰的損害賠償に一定の上限を設けるべきだとする企業側から注目されていたが、法律専門家によると、製薬会社や自動車会社を相手取り起こされている同様の訴訟に影響を与える可能性があるとみられている。

 [ワシントン 20日 ロイター]

 (07/02/21 15:34)  





■関連文章
  • 中国の道路会社、ブタの飛び出しで賠償金1700万円(06/12/05)
  • 楽天、損害賠償と謝罪広告の掲載求め新潮社を提訴(06/10/05)
  • 東証、みずほ証から誤発注での損害賠償金404億円の請求受ける(06/08/22)
  • 在日中国系企業、ネットで大量の海賊版映像作品を公開(06/06/17)
  • 北朝鮮、世界最大の偽造ブランド・タバコ工場(06/01/31)