印刷版   

日経平均が終値で昨年来高値更新、6年9カ月ぶりの高水準

  東京株式市場で、日経平均が15日につけた終値ベースの昨年来高値(1万7897円23銭)を更新した。

 19日の日経平均の終値は前営業日比64円44銭高の1万7940円09銭で、2000年5月以来、約6年9カ月ぶりの高水準。

[東京 19日 ロイター]

 (07/02/19 17:27)  





■関連文章
  • 中国株式市場、上海総合指数が最高値(07/02/15)
  • 日経平均が終値で昨年来高値、通期見通しの上積みに期待感(07/02/14)
  • 株式市場に波風を起こす30兆元のホットマネー(07/01/12)
  • 中国の宝鋼集団、中核鉄鋼資産のNY上場を準備=関係筋(07/01/11)
  • ソウル株式が9週間ぶりの安値、北朝鮮の核実験準備報道で(07/01/05)
  • 海外勢の日本株回帰、三角合併の課税で期待外れも(06/12/22)
  • ドル一段安ならマネーの流れに変化も(06/12/03)
  • 日経平均が大マド埋める、1万7000円回復も視界に(06/10/24)
  • 米国株式市場=ダウが初の1万2000ドル突破、IBMなどの好決算が支援(06/10/19)
  • ソウル株式市場とウォン相場が下落、北朝鮮の2回目の核実験報道で(06/10/11)
  • 欧州株式市場が下落して始まる、北朝鮮の核実験を嫌気(06/10/09)
  • 人民元の対ドル基準値は7.9150元、切り上げ後の最高値=中国人民銀行(06/09/26)
  • 今週の東京株式市場は弱含み、需給悪を意識で上値重く(06/09/25)
  • ユーロ/円が150円台乗せ、ユーロ導入来最高値=東京外為市場(06/08/29)
  • イラン核問題とFRB議長講演に注目=今週の米株市場(06/08/21)