印刷版   

中国株式市場で上海総合指数が2.26%安、利上げを受け

 19日の中国株式市場では、上海総合指数が2.26%安で寄り付いた。週末の利上げを受け売られている。

 上海総合指数<.SSEC>は、2.26%安の2864.256で取引を開始した。ただ、その後は持ち直し、前日比プラス圏内に浮上している。

 トレーダーらは、0.27%ポイントの利上げは予想されていた、と指摘。短期的に株価が大きく下げることはないとの見方を示している。

[上海 19日 ロイター]

 (07/03/19 13:29)  





■関連文章
  • 中国、1年物貸出・預金金利を引き上げ(07/03/18)
  • 中国の利上げ観測強まる、人民元は切り上げ後最高値(07/03/17)
  • 世界同時株安の懸念再燃、米金利低下なら波乱収束か(07/03/14)
  • 中国株式市場で上海総合指数が3%超下落、金融株が安い(07/03/14)
  • 上海証券取引所、値幅制限拡大を提案=主要経済紙(07/03/13)
  • 2月利上げ反対の日銀副総裁、物価先行き不確実性を懸念(07/03/08)
  • 中共両会前に、北京、上海で陳情者大量逮捕(07/03/08)
  • 中国が必要な外貨準備は6000─7000億ドル=全人代常務委副委員長(07/03/07)
  • 中国銀行監督当局、不正資金流入に関する特別調査を否定=証券時報(07/03/07)
  • 上海株式市場は反発、0.49%高で前場終了(07/03/07)
  • ポジション解消の連鎖一服、個人は日本株と外債に見直し買い(07/03/07)
  • 上海:急増する離婚、1日平均102組(07/03/06)
  • 中国、株式譲渡益に対する課税は計画せず=国家税務総局(07/03/05)
  • 日経平均がザラ場で1万7000円割れ、1月12日以来=東京株式市場(07/03/05)
  • 上海株の下落、大きな調整の予兆─竹中元担当相=民放TV(07/03/04)