印刷版   

3月1日、午前の東京株式市場で、日経平均が前日比200円を超える下落となっている。写真は2月、株価ボードの前を歩く男性(2007年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

日経平均、前日比200円を超える下落

 午前の東京株式市場で、日経平均が前日比200円を超える下落となっている。日経平均は、午前10時59分現在、前日比217円14銭安の1万7386円98銭で推移している。上海株式市場が寄り付きから下げ、上海総合株価指数が3%近い下げ幅となっていることを嫌気。先物にまとまった売りが出た。

[東京 1日 ロイター]

 (07/03/01 12:12)  





■関連文章
  • 中国株市場急落:「暗黒の火曜日」、下落率10年間で最大、世界主要株式市場に影響(07/03/01)
  • アジア株式市場ほぼ全面安、前日の米株急落などで(07/02/28)
  • 米国株式市場が急落:識者はこうみる(07/02/28)
  • 中南米市場がトリプル安、中国株の急落や米経済成長めぐる懸念で(07/02/28)
  • 27日の世界商品市場が下落、中国株安で(07/02/28)
  • 米国株式市場=大幅急落、中国株安や米経済への懸念で(07/02/28)
  • 中国国内消費低迷、低い労働賃金が原因=世界銀行(07/02/23)
  • 出生時の身長がボールペンほどの米女児、退院へ(07/02/21)
  • 緊急アンケート:市場が有望視する銘柄、今後は日本の代表企業(07/02/21)
  • 「全世界華人新年祝賀祭」NY公演、精彩に富むステージの数々(07/02/21)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • 日経平均が終値で昨年来高値更新、6年9カ月ぶりの高水準(07/02/19)
  • 2007年世界独裁者20人リスト、中国の胡錦濤主席第4位に(07/02/19)
  • インドや中国など新興諸国、世界経済拡大に責務=米財務次官(07/02/17)
  • 中国株式市場、上海総合指数が最高値(07/02/15)