印刷版   

国連安保理、イランの英兵拘束問題で「早期解決求める」声明発表

 国連安全保障理事会は29日、イランが英海軍兵士ら15人を拘束した問題で「重大な懸念」を表明し、イランに対し「兵士ら15人の解放を含む問題の早期解決を求める」との声明を発表した。

 声明文をめぐる交渉は数時間に及び、当初の英国原案は強い調子のものだったが、かなり表現が弱められ、「問題の早期解決」と領事館員による接見の許可などを求めている。

この問題で英国は、GPS(衛星利用測位システム)の記録は15人の乗ったボートが拿捕(だほ)された時、イラク領海内にいたことを示していると発表した。

 これに対し、イランは同ボートが自国領海内に侵入したため拘束したと主張している。

 イランの国連代表部は今回の安保理声明について、「この事例は2国間協議で解決されるべきものだ。英国は、国連安保理など第三者を加えようとしているが、有益ではない」との声明を出した。

 英国は当初、「兵士15人の即時解放要求」を声明に盛り込むことを求めていたが、ロシアが強い調子の声明には反対し、表現が弱められた。

[国連 29日 ロイター]

 (07/03/30 09:16)  





■関連文章
  • イランが女性兵士解放を延期、英国は国際的な支持求める(07/03/30)
  • イランが英兵の映像放映、英国はイランとの公的接触を凍結(07/03/29)
  • イランに拿捕された英兵のボート、イラク領海内にいた記録=英国防省(07/03/29)
  • イランが英兵士解放しなければ「別の段階」に進む=ブレア首相(07/03/28)
  • 米海軍、イラン軍がペルシャ湾で米艦艇に発砲とのうわさを否定(07/03/28)
  • 金現物が上昇、イラン核問題めぐる緊張の高まりで(07/03/26)
  • 国連安保理、対イラン追加制裁決議案を採択(07/03/25)
  • 主要6カ国、イランへの追加制裁決議案で正式合意(07/03/16)
  • 上海、134年ぶりの暖冬(07/03/03)
  • 10日にイラク安定化国際会議を開催=首相(07/03/01)
  • イラク情勢安定化めぐる会議、米英とイラン・シリアが参加へ(07/02/28)
  • イランへの武力行使観測を懸念─ロシア外相=通信社(07/02/27)
  • 米国防総省、イラン爆撃を計画する特別委員会を設置=米誌(07/02/26)
  • イランは核開発プログラムを継続=アハマディネジャド大統領(07/02/22)
  • 米国による「イラン攻撃計画」が明らかに=英BBC(07/02/20)