■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2007/03/html/d48311.html



3月16日、サッカーのイングランド・プレミアシップ、チェルシーが試合中に「セロリを投げないで」とサポーターに呼びか。写真は昨年5月、チェルシーのリーグ優勝パレードでセロリを掲げるサポーター(2007年 ロイター/Stephen Hird)

「セロリを投げないで」英チェルシーがファンに呼び掛け

 サッカーのイングランド・プレミアシップ、チェルシーは16日、試合中にセロリを投げないようサポーターに求めた。観戦中のスタジアムでセロリを投げるのは犯罪行為だとしている。

 これは最近の2試合で審判からセロリ投げの報告があったことを受けた措置。チェルシーの公式ウェブサイト(www.chelseafc.com)によると、イングランドサッカー協会(FA)もこの問題を調査している。FAの調査次第では、チェルシーに何らかの制裁が科される可能性もある。

 チェルシーは「サッカーの試合でセロリを含む何かを投げることは逮捕の可能性もある犯罪行為です」と警告。さらに「今後、スタンフォードブリッジ(ホームスタジアム)にセロリを持ち込もうとする人は入場拒否される可能性があります」としている。

[ロンドン 16日 ロイター]