印刷版   

(YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

オーストラリア:食品添加物、児童の性格に悪影響の可能性

 【大紀元日本4月22日】 オーストラリアで行なわれた研究によると、日常的に使われている食品添加物(防腐剤や色素など)は、児童の攻撃性や暴力を誘発する原因物質になっている可能性がある。

 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のある小学校で、全校児童を対象に2週間の実験が行なわれた。実験期間中に、学校は児童に食品添加物を含んでいない朝食を提供すると同時に、保護者に昼食と夕食を作るとき、食品添加物が混入されないように指導マニュアルを渡した。こうして、2週間の間食品添加物を一切摂取しない児童たちの日常行動の変化を観察した。

 その結果、わずか2週間の実験で驚くほどの結果が現れた。実験を担当した責任者は、「本当に不思議です。実験に参加した児童たちは、各方面での協力の度合いがかなり高くなり、互いの争いが少なくなり、家族との間にもより思いのある生活ができるようになった」と評価した。

 ある担任の先生は、実験開始後の4日目から、明らかに児童たちの変化を感じるようになった。「いつもよく問題を起こす児童は、徐々に問題を起こさなくなりました」とこの先生は話した。

 この研究結果によれば、児童たちが毎日食べている食品中の化学添加物は、確かに子供の健康にマイナスの影響を与えていると考えられる。

 (07/04/22 05:43)  





■関連文章
  • 米政府、エチオピアによる北朝鮮からの武器購入を黙認=NYT紙(07/04/09)
  • 米CIA長官、北朝鮮の核実験は失敗との見解示す=韓国紙(07/03/28)
  • 「デジタル鼻」で体臭から人を識別(07/03/21)
  • 西太后お気に入りの薬膳(07/03/19)
  • 9000年前の古酒、アメリカで再現成功(07/03/18)
  • 海外買付け企業12社、中国の児童労働者等による製品拒否(07/03/18)
  • 病気治療には運気も関わる(07/03/15)
  • 骨粗鬆症に良い薬膳(07/03/14)
  • 「快楽中枢」の恐ろしさ(07/03/14)
  • あなたの寿命「計算」します=ウェブサイト(07/03/07)
  • 豪政府がタイ滞在の自国民に警告、爆弾攻撃の可能性(07/02/23)
  • 衛星破壊ミサイル実験、中国最高指導部の権力闘争か(07/02/01)
  • 北朝鮮、6カ国協議で2度目の核実験計画を表明か(07/02/01)
  • 米国の専門家が推薦する健康食品(07/01/31)
  • 中国、人工衛星破壊実験の実施を確認(07/01/24)