印刷版   

4月19日、中国銀行業監督管理委員会の唐双寧・副委員長(写真)は、多くの銀行が抱える問題は高成長の陰に潜在するとの認識を示した。昨年11月撮影(2007年 ロイター/Claro Cortes IV)

中国の銀行が抱える問題、高成長の陰に潜在=銀監会副委員長

 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の唐双寧・副委員長は講演で、多くの銀行が抱える問題は景気ブームによって覆い隠されているが、各行はリスク管理を向上させて将来的な不良債権を回避する必要があるとの認識を示した。19日付で銀監会のウェブサイトに掲載された。

 同副委員長は、銀行は国の救済措置を受けて不良債権処理を大方終えており、経営の改善に焦点を定めるべきだと述べた。

 また「主に不良債権という形で表れる金融リスクは浜辺の小石のようなもので、景気の潮が高いときには目に見えず、潮が引くと表面化する」と指摘。

 中国経済は4年連続で2ケタの成長率を維持しているだけに、銀行システムがいまだに直面する金融面の問題に留意する必要があるとした。

[北京 19日 ロイター]

 (07/04/19 16:09)  





■関連文章
  • 現状判断DI、5カ月ぶりに50上回る=3月景気ウォッチャー調査(07/04/09)
  • 2007年度予算案、参院本会議で可決・成立(07/03/27)
  • 中国の急速な融資拡大、一段の引き締め策講じる理由に=金融時報(07/03/16)
  • 世界同時株安の懸念再燃、米金利低下なら波乱収束か(07/03/14)
  • 上海株の下落、大きな調整の予兆─竹中元担当相=民放TV(07/03/04)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • ユーログループ、来週のG7控え円安に懸念表明(07/01/30)
  • IMF、インドの景気過熱リスクを指摘(07/01/26)
  • 景気は「消費に弱さみられるものの回復」=1月月例報告(07/01/23)
  • 世界経済は07年も引き続き堅調の見通し=IMF専務理事(07/01/17)
  • 2007年には土地使用料を倍に値上げ=中国国土資源部(07/01/02)
  • 世界消費者信頼感指数、インドがトップ=調査(06/12/14)
  • 中国の投資伸び率、07年は25%に=エコノミスト(06/12/04)
  • 中国銀行業監督管理委、不良債権が再び増加するリスクを懸念(06/11/25)
  • 「いざなぎ」に並ぶ景気回復、今後も力強い成長にむけ努力=安倍首相(06/10/13)