印刷版   

チョウ・ユンファ、米国で主演映画に意欲

 新作映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」に出演しているアジア人気俳優のチョウ・ユンファ(51)が将来、米国映画で主演をやってみたいと語った。チョウは今回の「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」で、映画の重要な役どころの中国人海賊サオ・フェンを演じている。

 チョウは先週の同映画の取材で、「正直、もっとドラマがやりたい。米国社会では、アジア人男優はまだ主演として受け入れられていない。たぶん、あと数年待たなければいけない」と語った。

 [ロサンゼルス 23日 ロイター]

 (07/05/25 10:35)