印刷版   

原油価格高、世界経済見通しに明確に影響せず=IMF報道官

 国際通貨基金(IMF)のアフメド報道官は24日、原油価格高とその米消費支出への影響が、世界経済見通しに明確には影響を及ぼさない、との見方を示した。

 同報道官は記者団との定例会見で「原油価格のこのような振れは以前にもあった。過去数年間の経験から世界経済成長とインフレはどちらも原油価格の変動にはそれほど敏感ではないことが示唆されている」と述べた。

 そのうえで「今後も、経済への大きな影響が伴う価格上昇の可能性を懸念する見方は変わらない」と述べた。

 [ワシントン 24日 ロイター]

 (07/05/25 10:38)  





■関連文章
  • 07年日本成長率見通し約+2.25%、消費めぐる不透明感ある=IMF(07/04/12)
  • OPEC減産、需要低下につながる可能性ある=米大統領(06/10/24)
  • 米原油先物が59ドル台に上昇、OPEC追加減産観測で=時間外取引(06/10/20)
  • OPEC、日量120万バレルの減産で合意=OPEC代表筋(06/10/20)
  • 豪カンタスが利益見通しを上方修正、市場環境の改善で(06/10/19)
  • OPECが19日に会合、減産を協議へ(06/10/16)
  • OPEC減産は原油先物を押し上げる可能性高い=米EIA局長(06/10/11)
  • 欧州株式市場が下落して始まる、北朝鮮の核実験を嫌気(06/10/09)
  • 一部加盟国が原油輸出削減へ=OPEC事務局長代行(06/09/29)
  • 米原油先物が下落、半年ぶりに1バレル60ドルを割り込む=時間外取引(06/09/25)
  • 原油が半年ぶりの62ドル割れ=19日の欧米商品市況(06/09/20)
  • シンガポール当局、IMF大会期間中抗議活動を禁止(06/09/20)
  • G7が開幕へ、米景気減速や原油価格・保護主義の高まりなどを議論(06/09/16)
  • 不均衡問題は世界的リセッションを招く可能性=IMF専務理事=独紙(06/09/12)
  • アジア、サービスと産業部門のさらなる充実必要=IMF(06/09/07)