印刷版   


仏大統領選、サルコジ氏がロワイヤル氏への優位維持

 30日に発表された各種世論調査によると、5月6日のフランス大統領選決選投票で対決する保守与党・国民運動連合(UMP)のニコラ・サルコジ氏と野党・社会党のセゴレーヌ・ロワイヤル氏は、支持率でサルコジ氏が依然、リードを保っている。

 Ifopの調査によると、サルコジ氏に投票するとの回答は53%となり、ロワイヤル氏の47%を上回り、前回調査と変わらない結果だった。LH2の調査では、サルコジ氏への支持は52ポイント、ロワイヤル氏は48ポイントだった。両調査は4月27─28日に実施された。

 [パリ 30日 ロイター]

 (07/05/01 16:34)  





■関連文章
  • 仏大統領選:両候補、中国の人権問題改善を公約(07/04/29)
  • 台湾世論調査:台湾民衆9割、「反国家分裂法」に反対(07/03/20)
  • イラク増派計画、米国民の過半数が反対=世論調査(07/02/14)
  • 仏社会党大統領候補訪中、中国の人権蹂躙を非難(07/01/09)
  • フランス大統領選、社会党史上初女性候補=ロワイヤル氏(06/11/21)
  • 米民主党の支持率が共和党を大きくリード=世論調査(06/10/10)
  • ブッシュ大統領の支持率が42%に上昇、政党別では民主党がリード=世論調査(06/09/29)
  • 韓国・盧武鉉大統領、支持率が過去最低を更新=世論調査(06/06/05)
  • 米大統領の支持率が上昇、イラク選挙成功が追い風に(05/12/23)
  • パリ郊外で暴動拡大、放火事件多発(05/11/03)
  • 過半数の台湾人、連戦らの訪中に反対(05/05/09)