母の日に感謝を込めて

 【大紀元日本5月13日】今日5月13日は、日本では「の日/index.html' target='_blank'>の日」。アメリカ、カナダ、オーストラリアなども、日本と同じく5月の第二日曜日ですが、ハンガリー、ポルトガルは5月の第一日曜日、フランス、スウェーデンは5月の最後の日曜日だそうです。いずれにしても、この日には、どこでも愛を込めて親たちにプレゼントが贈られるようです。

 の日/index.html' target='_blank'>の日の起源は古代ギリシャにまでさかのぼります。古代ギリシャ人は、の日/index.html' target='_blank'>の日に、ギリシャの神々のなるレア(Rhea)を讃えるお祭りを開きました。ローマでも同様のお祭りが行われたようです。

 現在のように、の日/index.html' target='_blank'>の日が自分のに感謝する日となったのは、アメリカのアンナ・ジャービスさん(1864-1948)に由来するそうです。彼女は終生結婚せず、ずっと親のそばで暮らしました。アンナのおさんは、心優しく慈悲心に富んでおり、日々家族のために尽くしてくれている世の親たちのために、記念日を作るべきだと考えていました。しかし、その願いも叶わぬまま、1905年にこの世を去ってしまいました。

 娘のアンナは、おさんの遺志を受け継いで、1907年に、の日/index.html' target='_blank'>の日を国の祝日とするよう活動を始め、1908年5月10日に、アメリカのウエスト・ヴァージニア州とペンシルヴェニア州で、正式に祝日となりました。その後、1913年には、アメリカの国会が毎年5月の第二日曜日をの日/index.html' target='_blank'>の日と定めて、親への感謝を表す日としました。それが今日に続いているということです。そして、アンナのおさんが生前愛していたカーネーションの花が、に捧げる花となりました。

 次の写真は、インターネットから選んだものです。全てのおさんの慈悲深い愛に感謝を込めて捧げます。