■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2007/05/html/d25853.html




EU助言機関、グーグルの利用者検索情報保持めぐり警告

 欧州連合(EU)の情報保護に関する助言団体は、米ネット検索大手グーグルが、利用者の2年間分の検索情報を保持していることがEUのプライバシー保護法に違反している可能性がある、と警告した。

 グーグル仏法人の関係者が25日、明らかにした。

 それによると、同団体はグーグルにあてた書簡で、グーグルが保持している利用者の検索情報の期間が長すぎることに懸念を示したという。

 グーグルの関係者によると、グーグルはかつて、検索情報の保持期間を特に限度を設けていなかったが、今年に入って2年を限度とすることを決定した。

 グーグルは、同団体の次回会合が予定される6月までに回答する方針という。

[パリ 25日 ロイター]