印刷版   

ドーハラウンド4者協議が決裂、先行きに暗雲

 世界貿易機関(WTO)新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)をめぐる米国・欧州連合(EU)・インド・ブラジルの4者(G4)協議は21日決裂し、ドーハ・ラウンドの先行きに暗雲が漂い始めた。会議に出席した各閣僚らは双方が決裂の責任を転嫁し合う格好となった。

 外交・通商当局者の間では、今回の決裂で、WTOが目指す7月末までのラウンド合意は困難な情勢になったとみられている。

 ブラジルのアモリン外相は記者会見で「協議はあまり成功したとはいえなかった。テーブルにある数字を基に話し合いを継続するのは意味がない」と語った。

 焦点となる市場開放と補助金削減の問題は暗礁に乗り上げた状態。米国は農業補助金の大幅削減の見返りとして世界の農業・製造業・サービス業における市場開放を要求。一方、ブラジルとインドは、製造業製品の分野で妥協が十分でないなどとして反対している。

[ポツダム(ドイツ) 21日 ロイター]

 (07/06/22 08:56)  





■関連文章
  • 中国人権問題:「議論より、行動」=米議会人権シンポジウム(07/06/22)
  • 米国:中国製の汽車の玩具を回収(07/06/16)
  • インドネシア警察、イスラム過激派JIの指導者を逮捕(07/06/13)
  • 核問題をめぐるEUとイランの協議、不調に終わる(07/06/12)
  • ウォルト・ディズニー、インドでアニメ映画の合弁設立へ(07/06/11)
  • インドの未確認生物、観光客誘致の目玉に(07/06/11)
  • 米国、六四を悼む、北京は不満(07/06/08)
  • プーチン露大統領、米国のミサイル防衛計画で代替案提示(07/06/08)
  • 米下院議長、天安門事件の犠牲者に敬意を表す(07/06/07)
  • ブッシュ米大統領、ロシアの民主主義に批判的発言(07/06/06)
  • 米インフレ後退する見通し、リスクは依然存在=FRB議長(07/06/06)
  • 欧州連合が新法案、化学物質の検査を義務付け、中欧貿易の90%に影響(07/06/04)
  • 米国務省:天安門事件18周年に向けて声明、北京五輪と人権問題に言及(07/06/03)
  • 米中間に、軍事ホットライン、9月に決定か(07/06/02)
  • ブッシュ米大統領が地球温暖化対策を発表(07/06/01)