印刷版   

キヤノン、米NPOの環境に優しい企業ランキングで1位

 米国の非営利団体(NPO)がまとめた環境に優しい企業ランキングで、キヤノン<7751>がスポーツ用品大手のナイキや日用品のユニリーバとともにトップとなった。

 調査をまとめたのは、地球温暖化問題を考えるNPOのクライメート・カウンツ。エレクトロニクスからファストフードまで、北米や英国の消費者にとってなじみのある製品を販売、あるいは生活に密着した業種の56社を対象に、地球温暖化問題に対する認識、その対策など22の項目について調査し、ゼロ─100ポイントで点数化した。

 最低のゼロがついたのは6社。ジョーンズ・アパレル、CBS、バーガー・キング・ホールディングス、ダーデン・レストラン、ウェンディーズ・インターナショナル、アマゾン・ドットコムだった。

 クライメート・カウンツは、ランキングがトップの企業も、なお環境問題に取り組む余地はある、と指摘。

 ゲーリー・ハーシュバーグ代表(ストーニーフィールド・ファーム社長)は会見で「紙のリサイクルや電球の交換だけでは十分でない。二酸化炭素の排出量を大幅に減らす必要がある。その点で『A』評価に値する企業はない」と述べた。

 業種別では、エレクトロニクス/コンピューターが、メディア・インターネット企業に比べて環境問題への取り組みが進んでおり、調査対象の12社中6社が50ポイント以上という結果となった。

 エレクトロニクス/コンピューターでは、キヤノンのほか、IBM、東芝<6502>、モトローラ、ヒューレット・パッカード(HP)、ソニー<6758>、デル、日立製作所<6501>、シーメンス、ノキアが軒並み2けた得点した。ただアップルは2ポイントにとどまった。

 最も評価が低かったのは外食セクターで、6社のうち50ポイントを超えたのは皆無、ゼロが3社あった。セクターで最高はスターバックスの46ポイント。マクドナルドが22ポイントで2位。ケンタッキー・フライドチキンなどを傘下に置くヤム・ブランズは1ポイントだった。

[ワシントン 19日 ロイター]

 (07/06/20 13:37)  





■関連文章
  • 中国四川省:深刻な干ばつ、長江三峡のダム建設が原因か(07/06/08)
  • 写真報道:長江の武漢流域、大量の藍藻が発生(07/06/05)
  • 中国、環境関連目標でほとんど前進せず=専門家(07/06/04)
  • 中国江蘇省:太湖環境保護活動家、当局に連行・拷問(07/06/02)
  • 英国人冒険家、環境問題を訴えるため北極海で水泳へ(07/05/29)
  • 首相は松岡農相死亡に任命責任表明、臨時代理に若林環境相(07/05/28)
  • 独大統領初訪中、人権と環境保護を強調(07/05/27)
  • L・ディカプリオ、カンヌ映画祭で環境問題を訴え(07/05/20)
  • 中国当局、松花江流域汚染事案を公表、違反企業は操業停止(07/05/16)
  • フォーブス誌、中国富豪慈善ランキング中止(07/05/14)
  • 環境保護団体ら、日本の有毒廃棄物輸出に抗議(07/05/11)
  • 中国:環境汚染で3千社が強制閉鎖、進まぬ改善策(07/05/10)
  • 中国経済の成長、資源の制約などの課題に直面=財政相(07/05/06)
  • 長江水源が枯渇状態(07/05/03)
  • 化学工場廃水の水源汚染、8千人村民が抗議=中国福建省(07/05/01)