印刷版   

「シーザーサラダ」発祥地、3トンのサラダ作りを計画

 米国との国境に接するメキシコのティファナでは、今年8月に総重量3トンのシーザーサラダ作りが計画されている。ドラッグ関連の暴力事件が絶えない同地だが、シーザーサラダ発祥の地でもあることをアピールすることが目的だという。

 ティファナにある「シーザーズ・ホテル」の現オーナーによると、シーザーサラダは、米国が禁酒法の下にあった1932年、バーやカジノを求めてやって来た米国からの客でにぎわった同ホテルの料理人、シーザー・カルディニ氏が作ったのが始まり。

 同国レストラン業協会のフアン・カルロス・ロドリゲス氏は「犯罪多発で悩まされているこの町に良いイメージをもたらしたい」と語った。

 サラダは8月26日、市役所前に設置する全長40メートルの容器に盛られる予定。ロドリゲス氏によると、これまでの記録はニューヨークで2001年に作られた2.5トンが最大だという。

[ティファナ(メキシコ) 12日 ロイター]

 (07/06/17 18:37)  





■関連文章
  • メキシコの放送局テレビサ、中国のテレビ市場に参入(07/06/02)
  • ミス・ユニバース各国代表、民族衣装などを披露(07/05/22)
  • メキシコで「母の日」の巨大ケーキ、世界記録に挑戦(07/05/13)
  • メキシコ、知的財産権めぐる米国の対中国WTO提訴に参加(07/05/01)
  • メキシコの高校、性教育に赤ちゃんロボットを導入(07/02/23)
  • 米ニューメキシコ州、飲酒運転防止に「話しかけるトイレ」(07/02/17)
  • メキシコで1万3446人が一斉にチェス、ギネス認定(06/10/24)
  • メキシコの漁師、漂流記の映画化で億万長者に(06/10/13)
  • メキシコ湾:新油田、深度世界一(06/10/10)
  • メキシコ選挙裁判所、カルデロン候補を次期大統領に確定(06/09/06)
  • メキシコ大統領選、中道右派カルデロン候補の勝利濃厚(06/07/04)
  • 4万年前の人の足跡 - メキシコで発見(05/08/05)