印刷版   

サミット、温室効果ガスの「大幅」削減で合意

 主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)は、地球温暖化問題について、温室効果ガスの「大幅な」削減と2009年までに新たな長期的措置を定めることで合意したが、削減への数値目標には踏み込まなかった。

 議長国ドイツのメルケル首相は「(温室効果ガスの削減)目標について、まず二酸化炭素放出量の増加を阻止し、その後大幅な削減に移行するとの認識で合意した」と述べた。ドイツが提唱している2050年までに放出量を半減目標は「検討する」ことで合意した。

[ハイリゲンダム(ドイツ) 7日 ロイター]
 (07/06/08 11:41)  





■関連文章
  • 日・EU、温室効果ガス半減を提案(07/06/06)
  • 写真報道:G8サミット、デモ隊と警察が衝突、負傷者千人=ドイツ(07/06/04)
  • ロシア大統領、米国のミサイル防衛計画に警告(07/06/04)
  • 独大統領初訪中、人権と環境保護を強調(07/05/27)
  • 米国、ドイツの温暖化ガス排出削減案拒否へ=声明草案(07/05/26)
  • NYの「イエローキャブ」、2012年までにハイブリッド車に(07/05/24)
  • ドイツ経済、自力で成長している兆候=財務省(07/05/24)
  • ドイツの少女、部屋の片付けに警察の助け求める(07/05/22)
  • 台湾総統、無条件で胡総書記の訪台を歓迎(07/05/17)
  • ドイツで警察署の監房の錠が壊れ、鍵師を呼ぶ(07/05/04)
  • ドイツの携帯電話泥棒、ビールにつられて逮捕(07/05/01)
  • 中国氷河面積激減、河川水源・食糧生産の影響を懸念(07/04/26)
  • 独ラジオ局、ローマ法王80歳の誕生日にラテン語放送(07/04/16)
  • 中国、G7の世界経済に関する議論に参加せず=ドイツ財務省当局者(07/04/11)
  • ベルリンの壁の一部、撤去され姿消す=新聞(07/04/09)