印刷版   

7月19日、中国南西部で冬虫夏草と呼ばれる野生のキノコをめぐる銃撃戦で8人が死亡したことが明らかに。写真のキノコは青海省で5月に撮影(2007年 ロイター/Simon Zo)(ロイター)

中国、貴重なキノコめぐる抗争で8人が死亡

 中国南西部で貴重な野生のキノコを取る権利をめぐる2つの町の争いが銃撃戦に発展し、8人が死亡、44人がけがをした。新華社が19日に地元当局の発表として伝えた。

 事件は、四川省の山間部にある甘孜チベット族自治州で13日に起きた。

 記事は、地元当局者の話として「丹巴とSumdoという2つの町の住民約200人が野生のキノコとまきを入手する権利をめぐって衝突した」と伝えた。住民の一部がライフルを持ち出し、約10分間の銃撃戦があったという。

 争いのもととなったキノコは冬虫夏草とも呼ばれ、チベット伝統の万能薬の原料として使われ、エイズやがん、老化に効果があると宣伝されていることから、5─7月の収穫期には町中の人々がこぞって取りに行っていた。

[北京 19日 ロイター] 

 (07/07/20 08:58)  





■関連文章
  • 中国四川省:チベット人、利権争い衝突、死者6人負傷者百人(07/07/19)
  • 中国広州市、住宅街に銃撃戦(06/06/06)