印刷版   

メキシコ軍、パイプライン爆破予告受け石油施設を警備

 メキシコ政府は11日、最近相次いだ石油・天然ガスパイプラインの爆発について、左派の反政府武装組織が犯行声明を出し、さらなる攻撃を予告したことを受け、同国の油田およびパイプラインの警備のため、兵士や連邦警察官を追加配備した。

 米国の主要原油サプライヤーで国営石油会社のぺメックスは、人民革命軍(EPR)が10日、同日および前週に起きた4つのパイプラインに対する攻撃の背後にいると認めたことを受け、同社の施設で警察や軍による警備を強化したことを明らかにした。EPRは攻撃を続行すると警告している。

 メキシコは世界第9位の原油輸出国で、米国は同国を政治的に安定した供給国とみなしている。

 またメキシコ政府は、EPRの爆破予告を国家安全保障に対する脅威と受け止め、メキシコ市の重要施設にも警察官を配備した。

 10日と前週5日にメキシコ中部で起きたパイプラインの爆発は天然ガス、液化石油ガス(LPG)、原油、ガソリンの国内供給に打撃を与え、付近の住民数千人が避難したが、負傷者はなく、メキシコの原油輸出にも影響は出ていない。

 EPRは1996年に結成されたマルクス主義を標榜する反政府組織で、貧困層の多い南部諸州で活動しているが、ここ数年はあまり目立たず、メキシコ国内では、規模の小さい同組織が本格的なゲリラキャンペーンを実行する能力を疑問視する声もある。

 10日の爆発では、メキシコ市と西部のグアダラハラをつないでいる天然ガスパイプラインで火災が発生、グアダラハラと周辺の都市へのガス供給が減少し、ホンダ(7267.T: 株価, ニュース , レポート)の自動車工場で生産ライン停止などの影響が出た。

[メキシコ市 11日 ロイター]

 (07/07/12 10:00)  





■関連文章
  • パキスタンのモスク立てこもり、神学生40人・軍の3人が死亡(07/07/10)
  • 2012年までの世界石油需要の伸びを上方修正=IEA(07/07/10)
  • 日野皓正氏、学童ジャズバンドと七夕セッション(07/07/10)
  • 米国:中国新型原子力潜水艦、衛星撮影で確認(07/07/09)
  • 中国、スーダン領紅海沖で資源探索(07/07/09)
  • 中国軍幹部に若手登用、胡主席の布陣か=専門家(07/07/07)
  • 「UFOを目撃した」元米軍幹部の秘密ファイル、死後に開封公開(07/07/06)
  • タイ憲法起草委員会、新憲法の草案を承認(07/07/06)
  • メキシコ南部でM6.1の地震発生=米地質調査所(07/07/06)
  • 清朝:黄檗禅師の預言(その2)(07/07/05)
  • 広州地下軍事工場摘発=中国広東省(07/07/01)
  • 中国人学生、共産主義よりお金が好き=米紙(07/06/28)
  • 諜報活動する中国人留学生が増加、一大脅威に=英国シンクタンク(07/06/28)
  • ドイツ国防省、T・クルーズに軍事施設での撮影認めず(07/06/27)
  • OPEC産原油の需要減退へ、バイオ燃料の使用拡大などで(07/06/27)