印刷版   

米国、中国の輸出補助金問題でWTOにパネル設置を要請

 米通商代表部(USTR)は12日、中国の輸出補助金問題について直接交渉が決裂したことを受け、補助金の一部が世界貿易機関(WTO)規定違反に当たるとして、WTOに紛争処理小委員会(パネル)設置を要請したと発表した。

 USTR報道官は、この問題で「中国と行った2回のWTO協議は建設的だったが、(2001年に中国がWTOに加盟した際)撤廃を公約した貿易を歪める補助金を中国が明らかに続けていることへの我々の懸念は解消されていない」と述べた。

 米国が対中貿易摩擦でパネル設置を要請するのは2例目。

[ワシントン 12日 ロイター]

 (07/07/13 10:56)  





■関連文章
  • 米大統領、35年ぶりに駐リビア大使を指名(07/07/12)
  • 中国、エイズ対策でコンドームのファッションショー(07/07/12)
  • 前中国国家薬監局局長、7月10日に処刑された(07/07/12)
  • 中国、来週6カ国協議を再開させたい意向=報道(07/07/11)
  • 米シスコなど6社、政府情報の保護技術を共同開発(07/07/10)
  • 中国人民銀行、インターバンク市場の参加機関を拡大へ(07/07/10)
  • 日野皓正氏、学童ジャズバンドと七夕セッション(07/07/10)
  • 第1回全世界中国舞踊大会、優勝者発表(07/07/09)
  • 中国製食品・医薬品安全問題:砂糖漬け果物、半数以上が安全基準に達せず(07/07/09)
  • 米国務院:香港の全面普通選挙を支持(07/07/09)
  • 中国、スーダン領紅海沖で資源探索(07/07/09)
  • 中国の研究所で双子のパンダ誕生、全部で62頭に(07/07/07)
  • 男性は女性と同程度に「おしゃべり」=米調査(07/07/07)
  • 全世界中国舞踊大会、参加者が抱負語る(07/07/07)
  • 中国製原料の調味料にサルモネラ菌、数十人が感染=米国(07/07/07)