印刷版   


ファンドマネジャーのリスク回避姿勢強まる=調査

 メリルリンチが15日発表した8月のファンドマネジャー調査によると、世界のファンドマネジャーの間で、株式のポジションが縮小し、キャッシュおよび債券のポジションが拡大した。流動性の縮小と株価下落への懸念から一段とリスク回避の姿勢が強まっている。

 メリルリンチが8月2日―9日に181人のファンドマネジャー(運用資産総額5990億ドル)を対象に実施した調査によると、株式をオーバーウエートとする回答者の割合が49%と、前月の69%から低下した。

 債券についてはアンダーウエートとする割合が65%と、前月の72%から低下し、これまでの弱気な見方が後退した。

 一方、現在の株価下落を買いの好機ととらえ、依然として、経済のファンダメンタルズが力強いことを確実視する見方も明らかになった。

 メリルリンチ調査のコンサルタントを務めるデービッド・バウアーズ氏は「一段とリスクを避ける傾向が強まった。ただ意外にも、株式への見方に大きな変化はないようだ」と指摘。「ファンドマネジャーは依然、債券と比べて株式に価値があるとみており、ほとんど買いの好機ととらえている」とし、クレジット市場の混乱がマクロ経済に波及するとは想定していないと述べた。

 調査では、企業利益とコアインフレに対する期待が低下したものの、今後12カ月で世界経済が後退する可能性は低いとみる回答者の割合が90%超を占めた。

 新興国市場への信頼も維持されており、30%超の回答者が、新興国市場が企業利益の見通しにおいて最も好ましいとの見方を示した。

 通貨については、円に対して割安、ユーロとポンドは割高であるとみられている。

[ロンドン 15日 ロイター]

 (07/08/16 09:49)  





■関連文章
  • 情報BOX:各国中銀による市場への資金供給(07/08/13)
  • 中国株式市場、上海総合指数が過去最高値を更新(07/07/26)
  • 中国の軍事力増強は、強国地位を得るため=米国情報機構幹部(07/07/16)
  • ドイツ西部で空から紙幣が舞い落ちる(07/07/06)
  • 中国の外準運用機関設立、特別国債発行は段階的に(07/07/02)
  • 中国株式市場で上海総合指数が3.4%下落(07/06/29)
  • さらなる利上げの可能性、除外しない=人民銀行総裁(07/06/25)
  • 最近の円安「異常」、98年の円急伸に留意すべき=BIS(07/06/25)
  • NY連銀総裁、アジア新興国に為替相場の柔軟性拡大促す(07/06/21)
  • 中国石油天然ガス、上海市場で最大57億米ドルのA株発行へ(07/06/20)
  • 外国人にとって最も生活費がかさむ都市はモスクワ=調査(07/06/19)
  • 今週の焦点:米金利落ち着けば株高・円安地合い継続か(07/06/18)
  • 中国銀行副頭取、突如辞任(07/06/17)
  • ディスインフレ局面に転機の可能性=前FRB議長(07/06/14)
  • ドルとユーロが対円で急伸、米長期金利上昇の影響は限定的との見方(07/06/13)