牛にエレクトーンで、牛乳生産量アップ

 【大紀元日本8月15日】中国に「対弾琴」(に向かって琴を弾く)ということわざがある。これは、無駄なこと、意味のないことのたとえで、日本でいう「馬の耳に念仏」や「猫に小判」といったことわざに相当するのだが、中国河南省のある酪農農家では、「に向かってエレクトーンを弾く」ことで、の食欲を刺激し乳の生産量増加を図っている。

 鄭州大河報の報道によると、偃師市のある酪農農家では、毎朝一人の少女に農場に来てもらい、のために2時間エレクトーンの演奏をしてもらっているという。ある時食欲の無くなったに少女のエレクトーンを聞かせたところ、エレクトーンをじっと見つめて音楽を聴き、餌を食べ始めて元気になったことがきっかけだという。

 少女が演奏を止めると、も食事を止め、10分後、演奏を再開するともまた食事を始めるのだそうだ。

 牧場主の郭志欣さんの話では、4年前音楽を聞かせたところ、の一日に出す乳の量が1リットル増えていた。2003年、一頭の乳から採れる乳の量は1日16リットルだったのが、今では23リットルも採れるようになったとのこと。それ以外にも餌や飼育方法の改善もしている。

 河南農業大学牧医工程学院教授・李明氏は、音楽鑑賞が出来るわけではないが、のどかな音楽を聴くと内分泌物が増加し食欲が増進され、結果たくさんの乳を出すようになるのだという。

 海外では早くからこれに関する研究が進められており、音楽を聴いたは一日に出す乳の量が5~10%増加することが証明されている。しかし、あまりテンポの速い曲になると、たちはかえって不安になり、逆効果になってしまうという。

(香港中央社記者・蘆健輝)