印刷版   

枇杷(撮影=大紀元、2008年1月)

【草木染めの植物】枇杷(ビワ)

 【大紀元日本1月31日】中国原産で古代日本に入ったと思われるバラ科の常緑高木。果樹として多くの品種が栽培されています。特に長崎県の茂木びわは実が大きく、甘味が強く、初夏の果物として定評です。ただし、果実は花托が肥厚した偽果です。枝先に円錐花序をつけ、11月から2月にかけて白い花が咲きます。木質は硬く、木刀や杖に利用されています。

 枇杷葉には止咳、止嘔作用があり、煎服(用量6~15g/日)します。一般には、ハマボウフウや桑白皮などと処方しますが、民間では、葉を数枚ほど煎じて咳止め、暑気あたり、胃腸病などの時に適宜飲みます。また、浴湯料とすれば皮膚を滑らかにし、殺菌力もあるため、アトピーにも有効とされています。果肉(または種のみ)はビワ酒として疲労回復、食欲増進に飲まれます。最近、成分の一つである青酸配糖体がガン治療薬に応用されたり、血液浄化作用があるとして注目されています。

 樹皮は緋色、柿色に染まり、枝葉は薄めの色合になります。

(文・ハナビシソウ)

 (08/01/31 14:31)  





■関連文章
  • 【草木染めの植物】南天(ナンテン)(07/12/25)
  • 【草木染めの植物】菊(キク)(07/11/27)
  • 【草木染めの植物】茶(チャ)(07/11/15)
  • 【草木染めの植物】鬱金(ウコン)(07/10/27)
  • 【草木染めの植物】吾亦紅(ワレモコウ)(07/10/02)
  • クラシック音楽が情緒に与える影響(4)(07/09/28)
  • 新種のヘビなど動植物11種、ベトナムで発見=WWF(07/09/27)
  • 【草木染めの植物】葛(くず)(07/09/11)
  • 【草木染めの植物】合歓木(ネムノキ)(07/08/07)
  • 中国産生花、害虫検出で3万本処分=ロシア(07/07/28)
  • 専門家が証明:植物は知能を有する(07/07/19)
  • 【草木染めの植物】蓮(ハス)(07/07/13)
  • 植物にも家族意識=英国学士院機関誌(07/06/26)
  • 【草木染めの植物】梔子(クチナシ)(07/06/19)
  • 植物状態の19年間 感覚も記憶もあった(07/06/19)