印刷版   

アルゼンチン・ブラジル、核原子炉共同建設に合意

 【大紀元日本2月26日】アルゼンチンとブラジルが日増しにひっ迫してゆくエネルギー問題を解決するために、両国共同はこのほど、原子炉建設協議において合意文書を交わした。

 報道によれば、ブエノスアイレスでアルゼンチン大統領クリスティナ・フェルナンデス氏とブラジルのルーラ大統領が会見後、この決定を発表したという。

 ブラジルは冬季にアルゼンチンに電力を輸出しており、ルーラ大統領は「我々は共同で1つの衛星を打ち上げ、さらに核計画も発展させる」と話し、これは、今の世界が軍備を買い溜め、政治と意識形態の上でお互いを信用し合えないなかで良い模範となるとも話している。

 アルゼンチンとブラジルは現在、それぞれ2ヶ所の原子力発電所を保有しており、すでに両国は「核拡散防止条約」を結んでいる。BBCによれば、両国はこの核エネルギー項目をエネルギー供給増加と見なしており、両国の国際地位上昇計画ともとらえることが出来るだろう。

 しかし、両大統領の会談中、両国がボリビアから輸入している天然ガス輸入増加については直接提示されることはなかった。現在ボリビアにとってブラジルは主要顧客として名前を連ねている国で、ブラジルは毎日3000万立方メートルの天然ガスを輸入している。また、アルゼンチンは毎日770立方メートルの天然ガスを輸入しており、輸入量の増加を希望している。

 人々は、南半球が冬を迎えた際エネルギー供給が非常にひっ迫するのではないのかと心配しているという。

 両国大統領は2月23日、ボリビアのモラレス大統領と共に行う三者共同会談時にこのガス供給問題が解決できることを希望していた。

 (翻訳・坂本)

 (08/02/26 01:32)  





■関連文章
  • アマゾンの森林面積が激減(08/02/04)
  • 南米イグアスの滝、圧巻は「悪魔の喉笛」(08/01/21)
  • 羊のような毛の豚=アルゼンチン(07/09/23)
  • 北朝鮮、核原子炉を停止する用意がある=米国務次官補(07/06/23)
  • ドーハラウンド4者協議が決裂、先行きに暗雲(07/06/22)
  • アルゼンチンのフーリガン、海外に悪知恵を輸出(07/02/16)
  • ブラジル大統領選、選挙裁判所がルラ大統領の当選を公式発表(06/10/30)
  • ブラジル大統領選はルラ大統領が46.8%得票、対立候補と接戦(06/10/02)
  • ブラジル旅客機墜落事故、生存者の形跡なし(06/10/01)
  • ブラジル旅客機が衝突後消息不明、ヤマハ関係者搭乗か(06/09/30)
  • ブラジル大統領選、対立候補中傷疑惑でもルラ大統領優位(06/09/27)
  • アルゼンチン経済に過熱の兆候=IMF専務理事(06/09/15)
  • サッカー=W杯、アルゼンチンが準々決勝進出(06/06/25)
  • ブラジルCVRD、鉄鉱石19%値上げで中国鉄鋼各社と合意(06/06/22)
  • サッカー=ジーコ監督、「ブラジルは怖くない」(06/06/21)