印刷版   

2月1日、米国株式市場は続伸。写真は先月18日にNYSE前で撮影(2008年 ロイター/Brendan McDermid)

米株市場は続伸、マイクロソフトのヤフー買収提案で

 [ニューヨーク 1日 ロイター] 米国株式市場は続伸。1月の米雇用統計・非農業部門雇用者数が弱い数字となり相場を圧迫したが、マイクロソフトによるヤフーへの総額446億ドルの買収提示が好感され買い優勢となった。ダウとS&Pは週間ベースで約5週間ぶりの上昇率となった。

 1月の米雇用統計・非農業武門雇用者数は1万7000人減少と、2003年8月以来初めてマイナスに転じた。

 マイクロソフトの提示額は1株当たり31ドルと、1月31日のヤフー株終値に62%のプレミアムを上乗せした水準。ヤフー株は約48%高となり、マイクロソフトの提示額近辺まで上昇した。 

 中国アルミの親会社である中国アルミ業公司(Chinalco)は、米アルコア.N>と組んでリオ・ティントRIO株を約12%取得したことを明らかにした。これを材料として鉱山銘柄が買われた。

 ダウ工業株30種は92.83ドル(0.73%)高の1万2743.19ドル。週足では4.4%高。

 ナスダック総合指数は23.50ポイント(0.98%)高の2413.36。週足では3.8%高と約1年半ぶりの上昇率となった。

 S&P総合500種指数は16.87ポイント(1.22%)高の1395.42。週足では4.9%高。

 ハイテク株では、インテルINTCが3.2%、IBMIBMは1.6%、それぞれ値を上げた。

 マイクロソフトは6.6%安。グーグルGOOGは8.6%安となった。

 アルコアは3.6%高。

 米供給管理協会(ISM)が発表した1月の製造業景気指数が50.7と予想外の上昇となったことを受け、大手メーカーが買われた。複合企業の3MMMMは2%高、ゼネラル・エレクトリック(GE)GEは2.1%高となった。

 石油のシュルンベルジェSLBは3.7%高。エクソンモービルとシェブロンの第4・四半期決算が増益となったことが材料となった。


 (08/02/03 10:36)  





■関連文章
  • 米議会:ウェブサイト封鎖の突破技術開発を強化、中国が主要対象(08/01/15)
  • ヤフートップ、米議会公聴会で非難され謝罪、被害者の母親涙す(07/11/09)
  • 師濤記者逮捕事件:ヤフー、中国当局からの情報入手認める(07/11/05)
  • 米「ヒューマン・ライツ世界組織」、中国の人権侵害でヤフー訴える(07/08/31)
  • ヤフーの顧客情報違法提供を再調査=米外交事務委員会(07/08/10)
  • 米シスコなど6社、政府情報の保護技術を共同開発(07/07/10)
  • 英インターネット監督団体:プライバシー保護対策、グーグル最下位(07/06/21)
  • 米ヤフーのセメルCEOが退任、共同創立者が後任に(07/06/19)
  • マイクロソフト、中国テレビメーカーの株式取得へ(07/06/18)
  • ヤフー、遅すぎた言論の自由声明(07/06/15)
  • ビル・ゲイツ氏、ハーバード大から名誉学位(07/06/09)
  • 4月の米検索市場、首位グーグルがシェア拡大(07/05/28)
  • 米政府人権報告書:中国ネット情報統制による人権悪化(07/05/01)
  • 米人権団体、ヤフーを提訴(07/04/28)
  • 米マイクロソフト、「Xbox360」の新バージョン発売へ(07/03/28)