印刷版   

中国広東省深セン市:北京五輪ボイコット・スローガンで逮捕

 【大紀元日本3月28日】中国広東省深セン市に大スローガンが現れた。北京五輪に抗議する黄立新さんは3月25日、深セン市華強北閙市区においてオリンピックボイコットを掲げたため、警察に4時間拘束された。

 当日の午後5時、黄さんは深セン華強化大衆場合賽博広場の入口に「2008年北京オリンピックボイコットにより、中国の真の民主制度が実現し、世界最悪の犯罪でっちあげの真犯人を逮捕せよ」と書かれた大きなスローガンを掲げた。

 このスローガンを掲げた時、多くの人が周りで見ていたという。

 それから15分から20分ほどで、交通を塞いだわけでも混乱を引き起こしたわけでもないのに保安と警察がやって来て干渉し制止した。園嶺派出所に強制的に4時間も拘束された。黄さんは9時過ぎに家に帰ることができたという。

 (全国維権抗暴連線より)

 (翻訳・坂本)


 (08/03/28 10:15)  





■関連文章
  • 今週土曜日に緊急討論会「チベット虐殺から中国共産党と北京五輪を見る」(08/03/28)
  • 北京五輪期間中、天安門での生放送禁止か(08/03/23)
  • ポーランド議会、北京五輪参加の見直しを検討(08/03/22)
  • 玩具用火薬31トンが爆発=広東省(08/03/21)
  • 世界各地のチベット人、北京五輪ボイコット叫ぶ(08/03/18)
  • 建設中のビル倒壊4人死亡3人負傷=広東省(08/03/15)
  • 鳥インフルエンザ・ウイルス変異、専門家注意呼びかける=中国(08/03/12)
  • 男子マラソン世界記録保持者、北京の大気汚染で競技不参加か(08/03/12)
  • 広東省東莞の紡績工場が倒産、3395人が解雇(08/03/06)
  • 中国広東省で、電力供給の不足が発生(08/03/05)
  • 中国広東省深セン市:寒さの影響でライチ生産量大幅に減少か(08/03/03)
  • 中国広東省深セン:ビル火災で15人死亡(08/02/28)
  • 五輪でマナー向上目指す中国、飛び込み女王にも批判(08/02/27)
  • 中国でH5N1型鳥インフルエンザ感染の疑いで女性死亡(08/02/25)
  • 中国広東省:深セン市で集団食中毒か、2人死亡(08/02/25)