印刷版   

ニュージーランド:今年はカキが大漁

 【大紀元日本3月7日】ニュージーランド南島の最南端の漁村ブラフで最近、漁船の船長たちは皆、今年のカキ水揚げ高は好調で、2001年、カキの血球に寄生する寄生虫ボナミアが養殖場で発生して以来、初めての大漁になると見ている。

 漁船の船長であるビル・ゴールド(Bill Gold)さんは3日に17000ダースのカキを獲ったという。また今年のは質が良く、口当たりも良く大きいと嬉しそうに話した。

 ブラフのカキ販売業者グラハム・ライト(Graham Wright)さんは、天候のせいで漁の時期は数日遅れて始まったが、漁開始第一日目でおよそ10万個のカキが獲れた、漁シーズン中に105万米ドルの経済効果があるだろうと話している。

 今年はカキの需要量も多く、現在ブルーフの販売店では1ダース 2・7米ドルほどで販売しているとのこと。

 
(翻訳・坂本)


 (08/03/07 15:01)  





■関連文章
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • カキフライから真珠(08/01/20)
  • 人権聖火リレー:世界最東端の都市ギズボーン市に到着(08/01/02)
  • グローバル人権聖火リレー、ニュージーランドに到着(07/12/16)
  • 亡命した中国当局の幹部、国連難民認定される(07/09/30)
  • 【世界一】世界一急坂の通り、ボールドウィン=ニュージーランド(07/09/16)
  • 中国元外交官、中共のスパイ工作を証言=ニュージーランド国会(07/07/21)
  • 中国当局はニュージーランドで女性を拉致した=中国元外交官(07/07/20)
  • NZの漁師、体重450キロの巨大イカを捕獲(07/02/23)
  • オーストラリアとニュージーランド、ついに合併の動き?(06/12/06)
  • ニュージーランド、再び国連難民の法輪功学習者を受け入れ(06/10/18)
  • スウェーデンとニュージーランドの脱党の声援集会、臓器狩りを実演(06/06/21)
  • ニュージーランド国営放送、中共の臓器移植を報道(06/04/26)
  • ツバル国、海に飲み込まれる恐れ(06/03/25)
  • 全世界環境調査指数、中国は94位にランキング(06/01/26)