印刷版   

発見された「GJ436T」は、地球に似ている惑星だという(NTD News)

太陽系外に地球に似た惑星発見=スペイン

 【大紀元日本4月14日】スペイン人天文学者らが10日、太陽系外に存在する最も小さな惑星を発見した。地球から30光年離れているという。彼らの検出技術を持ってすれば、地球とそっくりな惑星を発見できるのもまもなくと期待されている。新唐人テレビ(NTD)が伝えた。

 報道によると、これまでに他の太陽系で発見できたのは巨大なガスの固まりからなる惑星だったが、この新しい検出技術では、それよりもずっと小さい惑星でも発見することができるという。

 新たに発見された太陽系外惑星は、これまで発見されたような回転するガスの固まりではなく、地球のように岩石の固まりである。この検出方法であれば、地球のような惑星も認知できると、天文学者らは期待している。

 「GJ436T」と名付けられたこの惑星は、地球の5倍の大きさだが、これまで、発見された太陽系外惑星では最も小さく、地球から30光年離れた
発見された惑星は獅子座に位置するという=黄色の枠の中(NTD News)
獅子座に位置するという。

 イグナシ・リバスさん率いるスペイン人天文学者グループが発見したもの。検出方法は、別のより大きな惑星の軌道の歪みを分析することにあるという。

 「今回は、その摂動(ある天体の運動が他の天体から受ける引力によって乱れること)は使わず、別の惑星の摂動を利用したのです…その惑星の軌道は偏心しており、円ではなく楕円形の軌道をもつのです。これには驚きました」とリバスさんは説明する。

 この新しい方法であれば、より地球に似た惑星を発見できると、リバスさんは期待している。

 「今回は、まず第一歩です。より地球に似た惑星を発見できるでしょう…おそらく近い将来、数十年も経たないうちに、最初の地球そっくりな惑星を検出できるでしょう」と、
発見したチームを率いるリバスさん(NTD News)
リバスさんはNTD記者に語った。

 リバスさんによると、新発見の惑星は、恒星から離れすぎているので生物が住むことはできないという。太陽からの距離が、地球と同じようなものでなければ、生物が生存できる見込みはないからだ。

 
(翻訳・藤川)

 (08/04/14 00:46)  





■関連文章
  • 地球を見る=10大衛星写真(08/04/13)
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • 日本の研究チーム、「折り紙」飛行機を宇宙から地球へ(08/02/08)
  • 2008年春季の北京:黄砂日数、昨年より増加の予測(08/01/06)
  • 「タイム」誌:2007年世界十大科学発見(07/12/19)
  • 月は人工の物体である=科学者の推測(07/12/15)
  • 悪化する地球生態、人類生存に脅威(07/10/27)
  • 地球温暖化 数百年内に生物の半数絶滅の恐れ(07/10/26)
  • 地球温暖化の緩和には、「肉の摂取量を減らせばいい」(07/09/18)
  • 日本経団連、サマータイム導入で炭酸ガス排出量を約5%削減(07/09/11)
  • 地球温暖化対策の「努力目標」を採択=APEC首脳会議(07/09/10)
  • 無機物にも生命の特徴を発見=物理学の研究(07/08/27)
  • 太陽系外「最大の惑星」を発見(07/08/16)
  • 中国沿岸部、下水管から大量の汚染物質が海に(07/08/06)
  • 太陽系外の巨大惑星に「水の兆候」=天文学者(07/07/12)