印刷版   

6月13日、大雨のあとの北京(Getty images)

中国大陸の半分が水浸し、9省で水害55人死亡 

 【大紀元日本6月16日】中国南部の9省は連日の暴雨が続き、最新の報道では55人が死亡、1700万人が被害を受けたと伝えられている。14日晩までに暴雨により9省で1787万4千人が被災、災害による死者55人、7人が行方不明となっている。

 以下はネット上に掲載された各地の水害の様子。

 北京6月13日、大雨の後


 広東省では5月末から今までの平均降雨量が415ミリ。正常な降雨量の2倍以上である。一部の地区では雨量が1000ミリを超えたという。深セン、汕頭などでは最近道路の広範囲で水が溜まるという状況が現れている。

 東莞市


 潮州


 深セン市


 
(翻訳・市村)


 (08/06/16 07:49)  





■関連文章
  • 中国南部で暴雨続く(08/06/11)
  • 中国南部で暴雨続き、広東省3大河川に警戒線(08/06/04)
  • インドネシア沿岸に大潮、専門家が甚大な水害を警告(08/06/02)
  • 雪害と暴風雨により当局が水害警報発令=英国(08/03/11)
  • ボリビア東北部で水害、国家レベルの災害発生発表(08/02/15)
  • 中国、南部のエネルギー消費抑制に向け税還付の削減を計画(08/01/30)
  • 中国四川省重慶:度重なる豪雨、被災者643万人(07/08/19)
  • ヒマラヤ山脈氷河融解が加速、20億人に影響(07/08/06)
  • 中国南部の水害、死者76人に(07/06/14)
  • 中国南部、暴雨で水害が発生、900万人以上が被災(07/06/11)
  • 水の都ベニス、水害の危機に直面 30年後には無人の恐れも(06/09/08)
  • 大型台風8号:中国南部で大被害、死者6000人に(06/08/21)
  • 中国南部暴雨・洪水災害、56万人が避難、死者93人(06/06/11)
  • 写真報道:水浸しの中国華南(05/06/26)