印刷版   

中国:アフリカ・インフラ産業への投資額増大

 【大紀元日本7月15日】大型水力発電所(10基)や鉄道ネットワークの整備など、中国によるアフリカ・インフラ基盤の整備や建設への投資額の増大が注目されている。世界銀行7月10日付けの報告によると、40億ドルに上る巨額な投資のうち、70%以上がスーダン、ナイジェリア、アンゴラ、エチオピアなどのアフリカ諸国に集中しているという。また、中国は2006年以降、アフリカからの輸入額が220億ドルに上り、そのうち80%は原油が占めている。

 中国の対アフリカ政策の特徴は、アフリカ経済と中国経済の相互補完性にあると指摘されている。急速な経済成長を続ける中国が、アフリカの保有する豊富な天然資源を必要とする一方、経済発展に必要不可欠なインフラをアフリカに建設することで、両経済に密接なつながりが出来ている。

 しかし、中国によるアフリカへの莫大な投資は、環境汚染、汚職、人権侵害などの問題を孕んでいる。特に懸念されているのが、中国とスーダンの関係だ。スーダンの原油最大輸入国である中国は、大量の武器を同国に輸出し、ダルフール虐殺を決行したスーダン政権を間接的に支援していると国際的に非難されている。

 (翻訳・唱楽/編集・田中)

 (08/07/15 08:47)  





■関連文章
  • 【コメディー】ダルフール草の根支援(08/07/06)
  • 広西チワン族自治区で列車脱線事故発生(08/07/02)
  • 旅客機事故、死傷者甚大=スーダン(08/06/11)
  • 北京:大気汚染指数、「高度危険レベル」示す(08/05/29)
  • 人権聖火:米NJでリレー、中国人留学生ら真相知る(08/05/01)
  • 列車正面衝突大事故、死者66人負傷者300人=中国山東省(08/04/28)
  • 米人権団体、北京五輪スポンサー16社を非難(08/04/28)
  • 中共五輪に抗議、ゴールデンドゲートにスローガン(08/04/08)
  • スーダン・ダルフール問題:米俳優ジョージ・クルーニー、北京五輪協賛企業に協力呼びかけ(08/03/14)
  • 北京五輪は「ジェノサイド・オリンピック」、五輪参加の公費使用禁止を提案=米下院議員(08/03/11)
  • 深刻な大雪被害、政府内で初めて厳しい批判=中国広州(08/03/01)
  • 英チャールズ皇太子、北京五輪不参加(08/02/09)
  • スーダン反政府組織、中国平和維持部隊撤退求める(07/11/27)
  • 中国の環境汚染はGDPを消費=世界銀行(07/11/22)
  • ダライ・ラマ:漢民族のチベット大量移入、「人口侵略」と非難(07/11/07)