THE EPOCH TIMES

漢字の神秘(1)

2008年07月20日 09時16分

「...倉頡(そうけつ)が文字を作ったとき、天は栗を降らせ、鬼は夜に泣いた....」(淮南子)

 「倉頡(そうけつ)」とは、4,000年前、天上から人間に文字をもたらした人物だと伝えられている。この伝説によれば、倉頡は黄帝の史官で、四つの目をもち、異なる次元が見え、物事が持つより深い意味を読み取ることができたという。

 中国唐の時代、張彦遠は『歴代名画記』の中で、倉頡の伝説について、次のような解釈を残している。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^