■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2008/07/html/d38870.html



2008年7月4日、五輪ヨットレース開催都市の青島市の兵士らが、会場となる海岸に蔓延した緑藻を緊急除去の作業を行っている(AFP)

北京五輪ヨットレース、会場地の緑藻被害が拡大

 【大紀元日本7月14日】来月、山東省の青島市で開催予定の北京五輪ヨットレースは、会場地の深刻な緑藻災害が依然拡大している。中国当局は11日、緑藻との戦いはすでに勝利を収めたと発表したが、緑藻災害はすでに海岸の他の港およびリゾート地へ蔓延しているという。

 新華社11日の報道によると、江蘇省官員は12日に緊急計画を発動し、パトロール船、ヘリコプター2機に専門家を乗せ、黄海海域における緑藻の継続的拡散の阻止をはかるという。

 中国官員によると、今年6月末において、海面に広がった緑藻の面積は1万3000平方キロメートルに及んだという。沿岸の清掃業務は急ピッチで行われているが、外海の藻は依然として発生・蔓延を続けているという。なお、最新の被害面積にかかわる数字はまだ公表されていない。

 新華社の報道によると、江蘇省連雲港市と山東省日照市が提携して、緑藻被害への対応に着手しているという。また、国家海洋管理局も、山東省隣接の水域を監督し始めているという。

 山東省に隣接する江蘇省においては、5月末に緑藻が大量発生している。