印刷版   

 開会式が行われる厳戒警備の五輪メイン・スタジアム「鳥の巣」(GETTY IMAGES)

北京五輪:参加国、民主を犠牲にした=米紙

 【大紀元日本8月10日】北京五輪開幕式後、ワシントン・ポスト紙の8月9日の社説は、1936年のナチスが主催したベルリン・オリンピック以後、すべてのオリンピック競技国が初めて大会参加のため独裁国家の首都に集まり、五輪のために民主を犠牲にしたと報じた。

 「北京五輪:オリンピック金メダルの政治の高い代償」と題するこの社説は、ブッシュ大統領が8月7日民主主義のタイで発した中国人権問題への批判は強いものとしながらも、中国の地で述べたのではない上、中国当局の国際議題への協力を賞賛する講演の最後に出させたものであると指摘、失望の意を表した。

 ブッシュ大統領は上記の講演で、「米国が確信しているのは、中国人民は基本的な自由を有するべき、これはすべての人類の生まれながらの権利であるからだ、そのため、中国当局が反体制者、人権活動家、宗教関係者を逮捕することに断固として反対する」などと述べた。

 ブッシュ大統領のその発言に対し、中国当局は、「人権、宗教などの問題を利用して、他国の内政に干渉するいかなる言動にも断固として反対する」と即座に反論した。 

 同社説は、ブッシュ政権は事前に講演の内容を公表するなど、中国当局に応対する時間の余裕を与えたと指摘、当局も反論後、引き続き五輪開会式の準備を進め、ブッシュ大統領を含め多くの国のトップは依然開会式に参加すると評した。

 中国の統治者と多くの中国国民にとって、8月8日は誇るべき時刻であるのは疑う余地がないと同社説は述べ、中国人民の心底の見方を見出すのが難しいと指摘、その理由について、「彼らが得る自国と世界の他の地域に関する情報は、政府の宣伝と検閲を経て歪曲的に選別されたものばかり。好奇心旺盛、あるいは歯に衣(きぬ)着せぬ人は、職を剥奪されたり、追放されたり、監禁されたりなどの悲惨な結果に遭う」と報じた。

 「どれだけの中国人が北京市の環境汚染に不満を抱いているのか、五輪競技場建設のため家屋の強制移転を強いられた大勢の北京市民にどれだけの人が同情を寄せているのか、平和的に見解を述べる反体制者が監禁されることに、どれだけの人が心に怒りを隠しているのか。自国の政府は五輪開催のために交わした人権尊重の約束を不履行することをどう受け止めているのか」と、同社説は疑問を呈した。

  最後に、同社説は、「我々は一時的な『オリンピック精神』のため、金メダルより遥かに重要である人類の自由に関する議論を避けたり、あるいは控えめに処理するのは、民主という偉業をさらに軟弱にさせ、虚偽のものにしてしまうだけである」と記した。

(翻訳・編集/叶子)


 (08/08/10 11:39)  





■関連文章
  • 北京五輪開会式:晴天確保に「人工消雨」ロケット弾、千発打ち上げ(08/08/10)
  • 自ら災いを招く恐怖の北京五輪(08/08/10)
  • 北京は厳重警備された強制収容所=インド紙社説(08/08/10)
  • 五輪開会式1時間前、「鳥の巣」付近でチベット旗で抗議(08/08/10)
  • 五輪開幕式:蒸し風呂の「鳥の巣」、570人熱中症(08/08/09)
  • 北京五輪開会式中、北京首都空港は5時間閉鎖(08/08/09)
  • 北京五輪:観光名所で米国人旅行者が襲われる、1人死亡・2人重症(08/08/09)
  • 8・8 都内で北京五輪反対集会(08/08/09)
  • 北京五輪開幕、世界各地で抗議活動(08/08/09)
  • トルキスタン・イスラム党の録画映像、北京五輪襲撃などを予告(08/08/08)
  • 「北京2008 我々の悪夢」=米牧師、北京ホテルの壁にペンキで抗議(08/08/08)
  • 五輪開催前、バス爆発事件連続発生=北京(08/08/08)
  • 「鳥の巣」での開幕式、雨の中で進行か(08/08/08)
  • 開催10時間カウントダン、緊張高まる北京=写真報道(08/08/08)
  • 国境なき記者団は今夜、世界9都市の中国大使館前で同時集会(08/08/08)