印刷版   

昼顔の花とつぼみ(撮影=大紀元、2008/06/27)

【草木染めの植物】昼顔(ヒルガオ)

 【大紀元日本8月5日】日本全土の野原や道端などに自生するヒルガオ科の多年草の蔓草。地下茎を四方に延ばして繁殖し、卵形の苞葉が萼の左右についた漏斗状の薄桃色のかわいい花が咲きます。万葉人にも愛されたようで、カホバナと詠まれています。

 「高円の野辺の容花(カオバナ)おもかげに 見えつつ妹は忘れかねつも」(作:大伴家持)

 同じ仲間にハマヒルガオ、西洋種には西洋ヒルガオがあります。

 【薬用効果】開花期の全草を乾燥した生薬を旋花といいます。利尿の効果があり、糖尿病や疲労回復にも効果があります。乾燥物を1日量10~20g煎服します。また、生葉の絞汁を虫刺され、切り傷に塗布します。
 【食用】若い葉、茎はゆでてお浸し、和え物、てんぷらに、花はサラダ、酢の物にして食べられます。
 【染色用】茎葉を熱煎して染液とします。薄緑色に染まり、鉄媒染で黒味がかって染まりますが、染め付きは悪いそうです。

昼顔(撮影=大紀元、2008/06/27)

(文・ハナビシソウ)


 (08/08/05 08:24)  





■関連文章
  • 熱帯夜に咲いた華、「足立の花火」(動画)(08/07/26)
  • 【草木染めの植物】露草(ツユクサ)(08/07/19)
  • 「全世界華人声楽大会」アジア太平洋予選:馬英九総統、円満成功を祝賀(08/07/07)
  • ヒートアイランド東京のオアシス、明治神宮「花菖蒲」(08/07/05)
  • 【草木染めの植物】十薬(ドクダミ)(08/06/28)
  • 人権聖火リレー長野:赤色軍団の悪夢を払拭、長野市民に花と笑顔(08/06/22)
  • 【草木染めの植物】羊蹄(ギシギシ)(08/06/08)
  • 【草木染めの植物】栃(トチ)(08/05/23)
  • 【草木染めの植物】馬酔木(アセビ)(08/05/06)
  • 【草木染めの植物】柊南天(ヒイラギナンテン)(08/04/26)
  • 大気汚染で花の香りが減少(08/04/23)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(4):カモミール(08/04/16)
  • 【台湾通信】春爛漫、咲き誇る美しい蘭の花(08/04/12)
  • 【草木染めの植物】白木蓮(ハクモクレン)(08/04/07)
  • 東京の桜前線異常なし!(08/03/27)