印刷版   

気温上昇、イタリアでビール消費量が増加

 【大紀元日本8月25日】地球温暖化による気温上昇で、イタリアではビールの消費量が増加しつつある。統計データによると、昨年イタリアでは18億5千万リットルのビールが消費された。これは国民1人当たりが平均31・1リットルを消費したという計算になり、前年と比較すると3・7%増であるという。

 マーケティングリサーチ会社“Mankno”の最近発表した報告によると、イタリア人のワインとビールを好む比率の差が最近はだんだんと縮まりつつあり、前年、前者は後者に比べ8%多く消費されたが、昨年はその差が3・5%にまで減少しており、それぞれ43・6%と40・1%消費されている。

調査報告では、休日レストランで食事をする際のワインとビールの消費比率は同じくらいで14・2%だという。しかし、昼食時やピッツア店で食事をする場合はワインよりビールを注文する人の方が多いようだ。

 ビールを飲む理由として、アンケートに答えた半数以上がビールの爽やかさや香りを挙げており、14・9%が食事以外の時間に友人と共にビールを楽しんでいると答えた。また、60%以上の人がビールを見ると買って飲みたくなると話している。

 習慣的にワインを飲んでいたイタリア人がビールを飲む量は増加してはいるが、EU諸国の平均値とは依然として差があるようだ。

 イタリアのビール商協会の報告では、EU国家では昨年平均1人当たりのビール消費量が77・7リットル。中でもチェコがトップで、平均1人当たり158・8リットル消費しているという。

 この他、イタリアのビール生産量が昨年より5%増加し、国外販売も36・7%増と大幅に増加しているとのこと。
                              
(翻訳・市村)

 (08/08/25 08:52)  





■関連文章
  • ジェット船が埠頭に衝突し81人が怪我=イタリア(08/08/09)
  • 駐伊・中国大使、中国向け放送中断事件への関与認める(08/07/25)
  • 魚の乱獲でクラゲが増加=欧科学者(08/06/26)
  • メイド・イン・チャイナを嫌う高級ブランド(08/06/25)
  • 中国トリュフイタリアへ侵入 現地種を脅かす(08/05/21)
  • アサヒビール名誉顧問、戦争や共産圏の実態などを語る(08/04/20)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)
  • イタリア:低品質ワイン事件、マフィアによるものか(08/04/07)
  • イタリア:モッツァレラチーズからダイオキシン検出(08/03/23)
  • 中国:2007年食中毒死亡者数、前年比32%増加(08/03/03)
  • 伊大統領が議会を解散、4月13─14日に総選挙(08/02/07)
  • 離婚率増加も環境破壊の一因=米研究(08/01/03)
  • 超高画質で再現、「最後の晩餐」をウェブで鑑賞(07/11/07)
  • 体重30キロの拒食症モデル広告に、賛否両論=イタリア・ミラノ(07/10/02)
  • パバロッティ氏の葬儀、約5万人が別れ惜しむ(07/09/10)