印刷版   

五輪開催都市でインターネット封鎖実施

 【大紀元日本8月5日】五輪開催直前になっても、オリンピックの通信安全を守るためという理由で、中国当局はオリンピック競技の開催都市で全面的なインターネット封鎖を行っている。

 7月25日から8月25日までの期間、インターネットサイトの運営側によるすべてのメンテナンス作業を禁止するほか、期間中に中国当局に歓迎されない情報を掲載した場合、該当のサイトを封鎖するだけでなく期間中の再開を許可しない、と定めている。

 河南省からの情報によれば、現地政権が、電子掲示板範疇のすべてのサイトをもすべて閉鎖すると通達した。従わないサイトについて、強制的にそのサーバーをシャットダウンする。また、オンライン広告で登録していないテンプレートも閉鎖の対象になるという。

 オリンピック競技が行われない広州市も、今回のネット封鎖の対象になる。

 数日前に、中国当局は期限付きで一部のニュースサイトへの封鎖を解除したが、当局が好まない多くのサイト、国境なき記者団や、チベット、法輪功、6・4天安門事件のサイトなどは依然封鎖されたままである。封鎖が解除されたサイトについても、当局の情報封鎖の対象となるキーワードで検索した場合、関連の情報が表示されないという。

 
(翻訳・編集/叶子)


 (08/08/05 05:35)  





■関連文章
  • 中国当局、外国メディア数社のサイト封鎖一時解除(08/08/04)
  • 北京五輪: 外国人宿泊客のインターネット利用、監視される可能性=米議員(08/08/02)
  • IOCが中国当局に妥協=ネット封鎖解除ならず(08/08/01)
  • 地下鉄爆発物騒ぎ,駅が一時封鎖=北京(08/07/22)
  • 仕事と私事のネット利用、両立するのは・・・難しい?(08/07/18)
  • 中国:インターネットで五輪関連の情報掲載禁止(08/07/11)
  • EU:中国によるネット情報の封鎖は許容できない(08/06/24)
  • 四川大地震:多くの犠牲者出した都江堰の学校、公安庁が封鎖・取材禁止(08/06/10)
  • 中国河南省:暴風雨とひょう、百人余りが負傷(08/06/06)
  • 米政府・軍部で中国製海賊版コンピューター部品大量使用(08/05/15)
  • 中国当局、カルフール不買運動にブレーキか(08/05/05)
  • 米議会:ウェブサイト封鎖の突破技術開発を強化、中国が主要対象(08/01/15)
  • 英スコットランド:都市行政府初、結婚式実況ライブ中国へ(08/01/02)
  • 二千民営学校教師、集団陳情=中国河南省(07/11/09)
  • 「国境なき記者団」報告書、中国のネットワーク制御の内部情報明かす(07/11/08)