印刷版   

抗議エリアに指定されたの日壇公園(Getty Images)

中国当局の抗議エリア:申請はすべて却下、拘留者も

中国当局は五輪期間中に3カ所の「抗議エリア」を設けたが、現時点までにすべての申請が却下され、申請人が拘留されるケースも伝えられた。外国メディアは、中国当局の自由をアピールする対応には、実質的な中身がまったくない、と評した。

 言論自由を制限するという国際社会からの非難に対応するため、中国当局は五輪競技会場から遠く離れた郊外で抗議を許す3つの場所を設けた。抗議を計画する人は事前に申請を行い、許可された人のみ、抗議が許されると定めた。

 ウォール・ストリート・ジャーナル紙の記者はそのうちの1カ所「日壇公園」を現地取材した。8月9日付同紙によると、公園には旗が掲げられ、「五輪を熱烈に歓迎、調和社会を構築」と書いていた。多くの警察官が巡回し、治安維持の担当幹部は記者の取材要求に応じなかった。抗議者の姿も見当たらず、抗議の申請が許可された人がいないもよう、と報じた。

 抗議の申請が拒否された53歳の陳さんは同紙取材に対し、「いまになって抗議することは政府にとって最も圧力が強い。五輪が終われば、まったく相手にされなくなる」と話した。申請が一旦拒否されたが再度申請した女性・単春さん(36)は、「私は自分の基本的な権利を放棄しない」と語った。

 英紙サンデー・テレグラフは、同公園に駐留する五輪ボランティアの発言「これまでに、我々はいかなる抗議者にも出会えていない」を伝え、これらのボランティアは公園の入り口でメディア記者を阻止し、報道の特別許可証の提出などを要求する、と報じた。

 フィナンシャル・タイムズ8月8日の報道によると、陳情者1名が警官に身柄を拘束されたという。情報によると、この陳情者は北京で、オリンピックに対して抗議を行うことが許可された指定の場所でデモを申請し、数日後に拘束されたという。

 (08/08/12 06:19)  





■関連文章
  • 北京五輪:試合会場、空席目立つ(08/08/12)
  • 北京五輪:華麗なショーに見え隠れする強権の鉄拳 =カナダ紙(08/08/11)
  • 五輪競技、雷雨で中止・中断多発(08/08/11)
  • ネパール中国大使館警備強化、チベット人抗議者300人拘束(08/08/10)
  • 強制送還された抗議者3人、ニューヨークに戻る(08/08/10)
  • 特別インタビュー:米元五輪金メダリスト、中国当局のビザ取り消しについて語る(08/08/10)
  • 北京五輪:参加国、民主を犠牲にした=米紙(08/08/10)
  • 北京五輪開会式:晴天確保に「人工消雨」ロケット弾、千発打ち上げ(08/08/10)
  • 自ら災いを招く恐怖の北京五輪(08/08/10)
  • 北京は厳重警備された強制収容所=インド紙社説(08/08/10)
  • 五輪開会式1時間前、「鳥の巣」付近でチベット旗で抗議(08/08/10)
  • 五輪開幕式:蒸し風呂の「鳥の巣」、570人熱中症(08/08/09)
  • 北京五輪開会式中、北京首都空港は5時間閉鎖(08/08/09)
  • 北京五輪:観光名所で米国人旅行者が襲われる、1人死亡・2人重症(08/08/09)
  • 8・8 都内で北京五輪反対集会(08/08/09)