印刷版   

【台湾通信】南国の夏の果物

 【大紀元日本8月4日】日本の皆さん、こんにちは。

 今回の台湾通信は、台湾南部の夏の果物をご紹介します。

椰子の木(写真=蘇燕/大紀元)

椰子の実(写真=蘇燕/大紀元)

観光地で椰子の実を販売しているおじさん。特殊なナイフで硬い皮を剥いているところ。(写真=蘇燕/大紀元)

檳榔(ビンロウ)の樹。椰子科の植物で、遠目には椰子の樹そっくり。果実の中の種子(檳榔子=ビンロウジ)は、嗜好品として、噛みタバコに似た使われ方がされます。噛むと、口の中が真っ赤に。(写真=蘇燕/大紀元)

台湾の夏の清涼飲料-「愛玉」の木(写真=蘇燕/大紀元)

「愛玉」の果実(写真=蘇燕/大紀元)

「愛玉」の中にある小さな種を布に集め、冷水で丁寧に揉むと、ねばねばした「愛玉」のエッセンスが出てきます。約10分そのままにしておくと、自然にトコロテンのようなぷりぷりとした「愛玉」ゼリーができます。それにレモン汁、砂糖、氷を入れたら、美味しい「愛玉氷」の出来上がり。(写真=蘇燕/大紀元)

ドラゴン・フルーツ。サボテン科の植物で、突先の赤い部分が果実に育ちます。(写真=蘇燕/大紀元)

ドラゴン・フルーツ。秋にはこんな実になります。(写真=蘇燕/大紀元)

インド産のさくらんぼ(写真=蘇燕/大紀元)

台湾バナナ。紫色の部分全体がバナナのつぼみで、一番外の花びらの下にかわいいバナナの赤ちゃんができています。(写真=蘇燕/大紀元)

台湾バナナ。フィリピンバナナに比べて小ぶりですが、味が濃厚で果肉が緻密なのが特徴です。(写真=蘇燕/大紀元)

菠蘿蜜。日本名:ナガミパンノキ(長実パンの木),別名:ジャック・フルーツ。インド原産で、大きいものは、長さ80センチ、重さ30キロにもなるらしい。甘くて風味豊かです。(写真=蘇燕/大紀元)

菠蘿蜜。枝ではなく幹に直接生ることもあるんですね。この実は大きくて、木にもたれかかるように貼り付いていました。(写真=蘇燕/大紀元)

(記者=蘇燕)

 (08/08/04 00:00)  





■関連文章
  • 北京当局:台湾国民党地位を高め、馬英九総統を制御(08/07/29)
  • 「中国台北」から「中華台北」に=五輪出場表示名称、台湾の抗議に北京が妥協(08/07/27)
  • 台湾・馬英九総統:統一は強要しない、独立は自然に任せる(08/07/17)
  • 「全世界華人声楽大会」アジア太平洋予選:馬英九総統、円満成功を祝賀(08/07/07)
  • 「LA NEW」ウォーキング・コンフォート、東洋人にやさしい靴創り(08/07/05)
  • 中国当局、台湾に真相伝え活動の禁止を要求(08/06/29)
  • 国外亡命の中国当局幹部、ニュージーランドに保護される (08/06/28)
  • 米フラッシング事件:在米台湾人、中国領事館工作員の画策を証言(08/06/21)
  • 人権聖火台湾リレー終え、いよいよ日本に(08/06/15)
  • 台湾:各地で人権聖火リレー千人以上が参加(08/06/09)
  • 【人権聖火リレー】台湾入り、中国共産党の人権侵害を非難(08/06/03)
  • 台湾沿岸でM6.8地震(08/06/01)
  • 米国在住中国人女性、スパイ容疑認める(08/05/30)
  • 米上院報告書:中国のソフト・パワーを分析、限定的な影響力(08/05/09)
  • 米「2008年世界報道自由度」:台湾がトップの座、北朝鮮最下位(08/05/01)