印刷版   

中国広西:大手化学工場爆発事故発生、死者1人

 【大紀元日本8月13日】11日夜10時頃、中国広西チワン族自治区柳州市最大手化学工場で爆発が発生し、負傷者4人、死者1人が出た。

 爆発したのは、柳州市最大手化学工場の「柳州化工株式会社」(元「柳州化工工場」)。情報によると、工場内のアンモニウム硝酸を製造する作業場が爆発し、毒ガスが漏れたという。目撃者によると、数台の救急車および消防車が現場に駆けつけたが、化学物質の爆発のため、近寄る人はいなかった。

 市政府の職員が、記者の電話取材に、事件後、市政府官員が速やかに現場に駆けつけ、12日現在も現場で対応していると話した。また、病院へ運ばれた負傷者の内、重傷を負った女性は救急措置を施されたが死亡した。また、負傷者の中の3人がすでに退院し、1人は応急処置を取っているという。

 記者が化学工場のいくつの部門に電話したが、応答はなかった。

 取材に応じた市民の話によると、爆発が発生したときに非常に大きい音がして、付近の住民たちは揺れを感じ、一部の地区では一時的に停電になったという。

 柳州市関係部門の情報によると、この爆発事故による大気への影響はないとされ、事故発生原因および損害状況について、現在調査を進めているという。

 
(記者・方暁 翻訳/編集・余靜)


 (08/08/13 07:39)  





■関連文章
  • 香港:地下鉄で疑似爆発物(08/08/10)
  • 五輪開催前、バス爆発事件連続発生=北京(08/08/08)
  • 五輪開催直前、大気汚染指数が正常値にならず=北京(08/08/07)
  • 北京:大気汚染改善ならず、選手団防塵マスク大量持参(08/07/30)
  • 中国雲南省昆明市:3度目のバス爆発事件発生(08/07/29)
  • 上海でマイクロバス爆発事件発生(08/07/25)
  • 雲南省昆明市:連続バス爆発事件、専門家は五輪警備の限界性を指摘(08/07/23)
  • 公安局ビルで爆発事件発生=中国湖南省永州(08/07/22)
  • 中国河北省:広宗県公安で爆弾が爆発、10人が負傷(08/07/22)
  • 地下鉄爆発物騒ぎ,駅が一時封鎖=北京(08/07/22)
  • 北京五輪目前、相変わらず北京の空は土曇り(08/07/18)
  • オリンピックまであと30日 北京の大気汚染は基準を5倍超過(08/07/09)
  • 中国各地、民衆抗議事件相次ぐ(08/07/05)
  • 五輪期間、北京市の車両を半減(08/06/22)
  • 有毒ガス漏えい、3人死亡=中国黑龍江省(08/06/09)