印刷版   

少年女子の部1位・蔡翹楚さんの「飛天」(撮影=戴兵/大紀元)

新唐人「全世界中国舞踊コンテスト」、純正・純美な古典舞踊を再現

 【大紀元日本9月1日】8月24日、ニューヨークのThe Town Hall Foundationで行われていた新唐人テレビ局主催第2回「全世界中国舞踊コンテスト」が閉幕した。当日夜にはニューヨーク・マンハッタンの劇場で神韻芸術団公演が行われ、コンテストの授賞式はその公演の後、同劇場で行われた。

 
第2回「全世界中国舞踊コンテスト」授賞式(撮影=戴兵/大紀元)

22日の予選を通過した参加者に、7月に台湾で行われたアジア太平洋地区予選の通過者を交えて、23日に本選初戦が行われた。そして、それを勝ち抜いた30人の選手が24日の決勝で、高度な技、熟練の動作、純粋な趣きで、人物一人ひとりの特徴を巧く表現しながら競いあった。

 今大会は純正な中国舞踊を通して、選手たちの豊かな表現力によって、人間が本来持つ優しさとあるべき道徳、および男性の陽剛と女性の陰柔を美しく演じ出し、観客の称賛を浴びていた。

 大会の審査委員で、中国古典舞踊家の郭秀氏は、「入賞した選手たちは、中国古典舞踊のテクニックと舞踊の文化的趣きを十分に発揮した。その上、人間としての理念も込められており、中国舞踊に対する世界の人々の認識を新たなものにした」と語った。

 同じく審査委員の李維娜氏は、「人類の芸術文化の純真・純善を取り戻すことを目的とした今大会の審査の重点は、中国舞踊の純正な表現方法によって、文化の奥義を表わすこと」だとし、「参加者たちは古典舞踊特有の技を大事に応用し、伝統と希望に満ちた舞踊芸術を再現し、世界の新しい文化を開拓することに成功した」という。

 ニューヨークのコロンビア大学卒業で、チべット作曲家のマカバタ氏は、次のように感想を語った。

 「今大会の剣や扇子などの演技は、正に伝統文化の奥義の再現だ。扇子舞踊での女子の柔と男子の剛は完璧な演技だ。選手たちは苦難に耐え、それを乗り越える精神力と意志を持っている。」

 「中華文化は世界文化の宝だが、中国共産党の破壊によって、多くの文化が失われた。幸い、新唐人テレビ局が主催する一連の芸術文化クローバルコンテストによって、中華文化は新たな輝きを取り戻し、世界に希望をもたらすことだろう。」

少年女子の部2位・陳超慧氏さんの「小龍女」(撮影=伊羅遜/大紀元)

少年女子の部3位・Amgelia wangさんの「小仙童」(撮影=伊羅遜/大紀元)

少年男子の部1位・李博健さん(撮影=戴兵/大紀元)

少年男子の部2位・陳俊丞さんの「小武僧」(撮影=伊羅遜/大紀元)

青年男子の部1位・呉巡天さんの「執筆書懐」(撮影=戴兵/大紀元)

青年男子の部2位・石真さんの「遠征」(撮影=伊羅遜/大紀元)

青年男子の部3位・趙亮さんの「扇若剣舞」(撮影=戴兵/大紀元)

青年女子の部2位・蘇仙姿さんの「浄花語」(撮影=伊羅遜/大紀元)

(記者=李新/徐竹思、翻訳・編集=リントン)

 (08/09/01 00:00)  





■関連文章
  • EU 情報社会メディア委員会、新唐人衛星信号切断問題に質疑(08/08/30)
  • 神韻ニューヨーク公演 純正な中国文化に感動の涙(08/08/30)
  • 【党文化の解体】第2章(20)「進化論を注入した報い」(08/08/27)
  • 【中国伝統文化】虚栄心を無くすことが大切(08/08/24)
  • 米議員:新唐人テレビ、中国大陸向け放送再開呼びかける(08/08/23)
  • 資金チェーンの断裂、広がる中国民間企業の倒産ブーム(08/08/21)
  • 新唐人放送妨害事件:国境なき記者団、仏衛星会社に遮断中止求める(08/08/21)
  • ユーテルサットW5衛星、アジア向け送信機に空き(08/08/21)
  • 正統文化を伝える使者(下)(08/08/19)
  • 正統文化を伝える使者(上)(08/08/18)
  • 本来の姿を見失った現代芸術(08/08/17)
  • 【党文化の解体】第2章(19)「進化論の局限性」(08/08/15)
  • 五輪リハーサルで転落事故、女性ダンサー重傷(08/08/14)
  • 神韻ニュージャージー公演、「魂が研ぎ澄まされる」(08/08/14)
  • 武術の達人・李有甫氏が語る伝統武術の真髄(08/08/14)