印刷版   

五輪目前、北京市周辺の省市で大停電開始

 【大紀元日本8月2日】五輪がまだ開幕されていないにもかかわらず北京市周辺の都市ではすでに停電が始まっているという。ここ数年来めったに見られなかった措置である。

 20年以上前、北京市周辺の各省が北京のために電気使用量を制限されていたのは通常だった。特に北京で大型会議が開かれたときには停電となった。

 調査によると、周辺の各省市で電気使用量制限が適応する順序は、まず農村で、最も長い時間電気の供給が断たれ、次に都市の貧困区。これらの後に高級住宅地区と政府機関と続く。山東省の都市では隔日10時間を超える停電となっているが、農村の状況はさらに厳しいようだ。

 北京五輪の開催は中国全土に負担をかけている。これは世界の五輪史上ユニークなことである。近日、言論、異論者に対する当局側からの圧力はエスカレートしており、また各界の人々は不便さを強要させられている。 
(翻訳・市村)


 (08/08/02 11:01)  





■関連文章
  • 来日予定の中国民主活動家、香港で入国拒否される(08/08/02)
  • IOCが中国当局に妥協=ネット封鎖解除ならず(08/08/01)
  • 北京五輪、市内は公衆トイレ不足(08/08/01)
  • 新唐人衛星放送の再開交渉:仏元政府長官、仏大統領へ呼びかけ(08/07/31)
  • 北京五輪:金メダルに隠された莫大なコスト(08/07/31)
  • 8月3日【大紀元セミナー】チベット弾圧、四川大地震、北京五輪…中国はどこに行くのか?(08/07/30)
  • 北京:大気汚染改善ならず、選手団防塵マスク大量持参(08/07/30)
  • 中国国内で爆破テロ予告相次ぐ(08/07/30)
  • 北京の外来民工、五輪前に整理(08/07/29)
  • 北京五輪トーチリレー、史上最多の火が消えた記録(08/07/29)
  • 五輪トーチ到着前夜、大火災発生=中国河北省(08/07/29)
  • 昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体(08/07/29)
  • 法輪功弾圧停止求める署名121万人、国際オリンピック委員会に提出=CIPFG(08/07/28)
  • 五輪開催直前:米国下院、中国人権決議案提出(08/07/28)
  • 「中国台北」から「中華台北」に=五輪出場表示名称、台湾の抗議に北京が妥協(08/07/27)